米国けんきゅうにっき 鍋を買った
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日、Fedexで日本にサンプルを送ったのだが......下の階のポスドクのMさんが午前中にやってきて(彼もサンプルをStanfordに送ったらしい)、どうやら昨夜の悪天候で飛行機が飛べなかったらしいいとのこと。そういうわけで、今日の昼近くまでBelgrade(Bozemanの隣町、Fedexのステーションがある)で足止めされてたらしい。私の荷物は試料搬送用の低温デュワーなので、2,3日くらい到着が遅れても問題ないのだが(たいてい、日本の税関で足止めをくらう)、Mさんのは米国内ということなので、たいていは1日で届く。これまでの経験でもそうだったから、ドライアイスを詰めて送ったんだそうだ。(まあ、オレでもそうするね、米国内なら......)もしStanfordに到着するのが2日以上遅れるのならば、サンプルはもたないだろう、とMさんの弁。さらに悪いことにFedexのトラック情報でテネシーで洪水があり、荷物の発送に影響がでる可能性があるとか。私の荷物もそうだが、Bozemanから発送されるときはたいていテネシーのMemphisを経由するのだ。だから彼の荷物、場合によっては遅れそうな気配だ。

 手をこまねいているわけにはいかないので、一応、BelgradeのFedexステーションまで行って荷物を回収できるか聞いてみたら、もう出発した後だった。今日も風が強くて飛行機が出せなかったんだそうで、代わりに陸路でGreat Fallsまで発送したとのこと。そのあとでMさんがGreat Fallsの天候を調べたらしく、あっちも風が強いらしい......どうなることやら。とりあえず、私の荷物は日本時間で金曜日に到着予定というのは変化がないので、様子見だねぇ。

 さて今日はカレーを作ろうと思って、早めに帰宅した。実は新しい鍋を買いたかったので、店にも立ち寄りたかったのだわ。

20100504_Montana_01.jpg20100504_Montana_02.jpg
元値が$100だったけど、$22で購入こちらは$32が$16にディスカウント


 町の北端にあるモールにROSSというアウトレットショップがあるのだそうだ。確かにあるのは知っていたが、何の店かはよく知らなかった。Mさんに「これから長く米国に居そうなので、ちゃんとした鍋でも買おうかと思うんですよ」と言ったら、このROSSを教えてくれたワケ。確かにいろいろあって面白かったわ。まあ鍋なんてそんなにしょっちゅう買うもんじゃないけど、必需品ではあるからねぇ。

 ちなみに料理器具を持ってないというわけではない、つーかもらったりしたのもあるので、結構、大量に持っている。では今回、ナゼ買う気になったのかといえば......まあ上でも書いたけど、米国在住が長くなりそうなことと、あとパスタをゆでる大鍋の底から錆が出始めたので、ちょっと継続して使い続けるにはキモいかな~という理由で購入することにしたんだわ。

 で、今は右の鍋でカレーを煮込み中であったのだ。


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2010/05/04 22:42】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。