米国けんきゅうにっき けつあつけいをてにいれた!
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近、FC2ブログにTwitterとの連携機能が装備されたようなので、使ってみることにした。Twitterのアカウント自体は1年くらい前から持っているのだが、利用方法が思いつかないでいたので放置していた。(これってスマートフォンなどのガジェットとの相性は抜群なんだろーな)

 今回の連携機能は一日のツイートがまとめて本ブログに反映されるらしいというのは昨日知ったのよ。(だから前のエントリは自動生成ね)とりあえず試行錯誤ということで始めているのだが、このTwitterってFacebookにも反映されるようになっている。(設定した記憶はないのだが......)ワタシのFacebookの方のフレンドリストは英語圏のヒトばかりなので英語にしてみたのだが、引用元が日本語だからなんだかちぐはぐだねぇ......そーいうわけで、きょうのツイートから日本語にするわ。


 さて今日の話題は健康管理。先日のWiFi体重計を用いた健康管理だが、これ以外に健康ガジェットとして血圧計を持っている。こちらはもっと健康管理にクリティカルなのでマメにはかっておくべきなんだが、先の体重計の様に、毎朝乗っかれば良いというわけではない。まあ左の二の腕に巻いてはかるだけなんだが、この操作は生活の一部には溶け込まないわなぁ。それもあってこの血圧計は半年前くらいに買ったままあまり利用されていなかったのである。そんで今回の体重計の登場と永住権申請に伴う自分の健康状態への興味から、ふたたびってゆーかもうちょっとまじめに血圧を測っていこうとなったわけだ。

20100603_microlife01.jpg20100603_microlife02.jpgmicrolife_app.png
腕に巻いて左のボタンを押すだけなんだけどね......3回測定しますUSBでPCにつなげてデータを集計できます


 日本人にしてはちょい高めに出てますが(こっちの基準ではノーマル......)、これは一つはシャワーから程なく測定してるからってゆーのもある。まあワタシの血圧のことはとりあえず置いといて、この血圧計はMicrolifeという会社の製品。日本では同社の血圧計は売ってなさそうだね。オムロンかタニタになるみたいだけど、それらの会社の製品はAmazon.comでも見られるので購入可。まあなんでこれなのかといえば、Walmartで売ってたからというのが理由だ。それとUSBを経由してPCと連動できるというのも。今思えば、オムロンの機種でもそんなのがあるので、そっちが良かったかとは思うんだがまあいいです。

 ちなみに先日のWiFi体重計の様にネットワーク上でのサービスとの連携は考慮されていないため、アプリは基本的にスタンドアローンだ。もちろんCSVで出力してGoogle Healthにアップデートしておくことはできるけど、少なくとも体重計の様な全自動というわけには行かない。オムロンのはそうなってるかもしれないが、まあもういいや。だって血圧を計るのって、それなりのアクション(おおげさ~)が必要になるからね。

 この血圧計はそのほかに心拍数の測定と不整脈ディテクター機能がある。測定の仕方(よーするに腕へのスリーヴの巻き方)にもよるから、どの程度正確なのかわからんけど、たまに不整脈マークが出るのはちょいとイヤんな感じだ。

 まあこーいうのも習慣化すればいいんだろうけどね。体重計もそーだけど、もうちょっと体力をつけなきゃいかんなぁって思う今日この頃ですわ。


FC2blog テーマ:健康管理 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2010/06/03 21:59】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。