米国けんきゅうにっき るーふぼっくすをとりつけた!
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20100612_Montana_RR07.jpg 先日のエントリで触れたようにクルマのルーフラックに取り付けるハードボックスを購入して居間に放置してあったわけだが、eBayでオーダーしたQ Clipが届いたので、下の階のMさんに手伝ってもらい取り付けることにした。

 取り付ける前にまずは洗車でもしようかと思っていたのだが、ここのところ天気が芳しくなくちょっと洗車したくないなぁっていう日々が続いていたのだが、まあ、居間のアレはさすがに邪魔だったので意を決したワケだ。

 さてルーフラックの方はずいぶん前に購入して車内に放置してあったのだが、組み立てのために説明書を読んでみたら意外とメンドい。Thuleのやつもこんなにメンドーだったっけ?と思いつつも、もう後戻りはできない(笑)ので、一所懸命読むことに。

20100612_Montana_RR01.jpg20100612_Montana_RR02.jpg20100612_Montana_RR03.jpg
これがeBayで買ったQ ClipこちらがREIで購入したQ TowerQ Towerはこうやって開いて高さを調節する
20100612_Montana_RR04.jpg20100612_Montana_RR05.jpg20100612_Montana_RR06.jpg
Q Towerの側面にあるスリット内にバーを固定するねじ穴がゆるめてバーを通したあと締め直す両端のQ Towerの位置を調節


 なんだかいろいろとめんどくさかったが、インストラクションに従い、それぞれ(前と後ろのルーフバー)をアセンブルする。長さはQ Clipの説明書に書かれているのでそれに従うのだ。ちなみに私の車はDodge Interepidの94年式になるので、それに対応したQ Clipを購入した。

 あとは外に停まっているクルマの屋根に取り付ける作業。これは一人では意外と難しいのだが、ちょうど良いタイミングでMさんが現れたので手伝ってもらう。微妙に左右のネンションを合わせるのが難航したが、とりあえずは結構な力で引っ張っても動かないので、これでよしとした(^_^;)

 最後はハードボックスの取り付けだが、これはご存じのように巨大なため、ルーフに乗っけるのにちょっと難儀。まあ乗っかったら楽なんだが、固定の際に4つの固定ねじの奥のヤツ(パッセンジャー側のみにボックスは開く仕様で、奥側とは蝶番側))が届かなくてちょっと苦労した。

 取り付けた後、ちょっと運転してみたんだ。風圧とかでとれないかどーかね?まあそれは杞憂だったのだが、風を受けると結構、音がうるさいことがわかった、特に窓を開けているとね。それ以外は特に気になる点はないな。あとは燃費とかが気になるヒトはやめておいた方が良いかもしれませぬ。



FC2blog テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

【2010/06/15 11:32】 | クルマ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。