米国けんきゅうにっき 刑務所を社会見学
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008_0817_OPM_00.jpg とはいっても使われていない刑務所ね。

 これもすでに2年近く前のことなのだが、モンタナ州、Deer Lodgeという町にあるThe Old Montana Prison Museumというところに行ってきた。Deer Lodgeは銅鉱山の街、Butteとヒッピー(?)の街、Missoulaの間にある、この区間では比較的大きな町だ(とはいってもかなり小さな町であることにはかわりないが)。ここでワタシの大好きなデモリッションダービィ(平たく言えばクルマのぶつけ合い)が開催されるというので、Mぽんと一緒に行ってきたのである。

 さて開催までずいぶんヒマがあったので、先日紹介したAnacondaの大煙突を見た後にこのOld Montana Prisonにやってきたわけだ。

2008_0817_OPM_01.jpg2008_0817_OPM_02.jpg2008_0817_OPM_04.jpg
入り口はもう楽しげな雰囲気見張り台だそうだ最初に建てられた刑務所の囚人房跡


 ちなみに社会見学と書いたのは、モンタナの子供たちが行く社会見学の定番なんだそうな。

2008_0817_OPM_05.jpg2008_0817_OPM_06.jpg2008_0817_OPM_07.jpg
"The Cell House"の側面と刑務所の壁だな囚人房はこんな感じ


The Cell Houseってゆーのは囚人たちを収容する建物だな。上の写真のやつがこの場所が退役するまで使われていた施設。

2008_0817_OPM_08.jpg2008_0817_OPM_09.jpg2008_0817_OPM_10.jpg
暴動があったときにバズーカ砲で破壊された部分The Cell Houseを運動場から見たシアター、中はちょっとすごかった......


 昔、この刑務所でかなり大規模な暴動があり、そのときに所長以下数名が殺害されたと、物騒なことが説明されていた。この暴動を鎮圧するため州軍が投入され、上の様にそのときに激しさを物語る爪痕が遺されている。

 最後にシアターと説明される建物の中を覗いてみた......名前とは裏腹に中は暗~い雰囲気の上に、大量のハトの糞。そしてどうやら昔、火災があったらしく、ところどころ焦げていた。その上で、中には組み立て式の絞首刑台が安置されていたのである......とりあえず写真を撮ったらなんか写りそうなカンジだったので、写真はナシ。もし興味がある人は、実際にいってみてください......


FC2blog テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

【2010/06/18 12:14】 | 思い出(旅行編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。