米国けんきゅうにっき ぐりーんかーどをてにいれた!!!
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NIW_application_doc.jpg ついにグリーンカードを手に入れた!やってきた封筒は質素そのもので、差出人がだれかもわかりにくい。でも封筒を開けると確かに移民局からのもの。中にはグリーンカードとApproval Notice、そして”移民のみなさまへ”風のパンフレットが同梱されていた。今のグリーンカード、すなわちI-551はニューデザインらしくICチップが含まれているため、ほかのICチップを含むカードと誤動作を起こさないように(SuicaとFelicaを一緒に使えないみたいな?)同封されている内側がアルミのケース(って言ってもちゃちなもの)に入れるようにと書かれていた。

 さてグリーンカード、表面にはワタシの顔写真と指紋、誕生日にケース番号、外国人登録番号にどのカテゴリーかを示すコード(ワタシの場合、EB2 National Interest Waiverを示すE26)が記されている。裏面はビザスタンプの下部にあるような英数字のコード番号のようなものに、ウォーターマーク、そして磁気読み取り部分がある。

 なにはともあれ、一つの大きな仕事を達成したなぁ。今、振り返ればホントーに大変だった。同僚のDも今、NIWの申請準備をやってるけど、もうオレはやりたくないね。もちろんそんな必要はないんだが。

 そんななか、一つの疑問がある。まだ手元にI-94(米国に入国するときは米国籍・永住権保有者以外はすべて記入しなければならない機内でわたされるやつね)が残っているのだ。通常、これは面接の際に回収されるものらしいが、雇用ベースの場合、面接があることの方が珍しいらしい。まあ、次回の出国の際に空港で係員に渡せばよいんだろうけどね。

 さてさて、ここでワタシの場合のGC取得までのタイムラインをまとめておく。EB-2 NIWで申請するヒトの参考になれば幸いだ。

2009年4月23日  弁護士にコンタクト
2009年6月19日  弁護士とNIW嘆願に関する契約をする
2009年7月14日  一時帰国のため、作業中断
2009年8月9日   帰米のため、作業再開
2009年9月2日   最初のレター草稿完成
2009年9月24日  二人目のレター草稿完成
2009年10月6日  三人目レター
2009年10月19日 四人目レター
2009年12月3日  五人目レター
2010年1月11日  六人目レター
2010年1月16日  七人目レター(予備、結局使わなかった)
2010年2月2日   AOS申請も同弁護士に依頼(これでコンカレント申請に)
2010年2月13日  日本人行政書士に戸籍謄本の英訳依頼(AOS申請に必要)
2010年2月19日  ツベルクリンテスト
2010年2月21日  ツベルクリン陰性判定
2010月2月23日  ワクチン接種とmedical exam発行
2010年2月24日  すべての推薦書そろう
2010年2月25日  公証付き戸籍謄本英訳を受け取る
2010年3月1日   すべてのサポート書類を弁護士に発送(Fedexを使った)
2010年3月18日  弁護士のカバーレター完成(3回、こちらでも読み直した)
2010年3月22日  I-140電子申請(これがpriority dateとなる)
2010年4月5日   I-140およびI-485申請書類受諾(これがAOSのreceive date)
2010年4月23日  I-140認可
2010年5月10日  I-485受領書到着(5/5がnotice date)
2010年5月13日  バイオメトリクス予約のお知らせ
2010年5月27日  Helenaでバイオメトリクス
2010年5月31日  H1-B失効(よって離職)
2010年6月8日   I-485認可(GC発行プロセス開始)
2010年6月9日   EADとAPがリジェクト
2010年6月14日  ウェルカムレター到着
2010年6月21日  グリーンカード到着

 最後にGCを申請するにあたりワタシがいえるのは、なにしろあきらめないことだと思う。何が何でも取得するという気持ちで行かないと、この膨大な仕事量をこなす前に心が折れてしまうからね。

FC2blog テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

【2010/06/21 22:02】 | 移民ビザ
トラックバック(0) |

いいえ、プレミアム申請ではありません
cooyou
ゆきちさま、

 コメントありがとうございます。プレミアム申請はしておりませんが、ちょうど私が申請した時期では理由は不明なのですが、ビザプロセスが全体的に早かったみたいです。

 以下のトラックサイトでも同時期で日本国籍の方が同じようなタイムラインでGCを取得されていた模様ですね。

http://www.trackitt.com/usa-immigration-trackers/i485-eb

 それと提出先がTexasだというのも関係あるかもしれません。なにはともあれ、ゆきちさまのプロセスが速やかに行われることを祈っております。

EB2
ゆきち
はじめまして。最近EB2で I140/485を同時に申請したのですが、cooyouさんの140の認可がとても早くて驚きました。プレミアム申請でしょうか?

ありがとうございます!
cooyou
改めてタイムラインをまとめてみると、すごくタイトなスケジュールでした。途中でいろいろとややこしいことが在ったり(これでかなり母国に対する印象が悪くなりましたが......)

Seedless raisinさんもGCの申請の際には有効ビザの期限を鑑みて、スケジュールを組むことを強く進言いたします。まあ、何か気がついたことが在りましたら、また本ブログでも掲載いたしますし、いくらでもご連絡くださいませ。できることはお手伝いさせていただきますよ。

お疲れ様でした!
Seedless raisin
GC取得までのタイムライン、大変参考になります。
初めに弁護士と契約してから実際にGCが届くまでちょうど一年くらい掛かったのですね。
GC取得までの大変さがひしひしと伝わってきます。
おめでとうございました!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
いいえ、プレミアム申請ではありません
ゆきちさま、

 コメントありがとうございます。プレミアム申請はしておりませんが、ちょうど私が申請した時期では理由は不明なのですが、ビザプロセスが全体的に早かったみたいです。

 以下のトラックサイトでも同時期で日本国籍の方が同じようなタイムラインでGCを取得されていた模様ですね。

http://www.trackitt.com/usa-immigration-trackers/i485-eb

 それと提出先がTexasだというのも関係あるかもしれません。なにはともあれ、ゆきちさまのプロセスが速やかに行われることを祈っております。
2010/11/09(Tue) 09:56 | URL  | cooyou #-[ 編集]
EB2
はじめまして。最近EB2で I140/485を同時に申請したのですが、cooyouさんの140の認可がとても早くて驚きました。プレミアム申請でしょうか?
2010/11/09(Tue) 08:11 | URL  | ゆきち #-[ 編集]
ありがとうございます!
改めてタイムラインをまとめてみると、すごくタイトなスケジュールでした。途中でいろいろとややこしいことが在ったり(これでかなり母国に対する印象が悪くなりましたが......)

Seedless raisinさんもGCの申請の際には有効ビザの期限を鑑みて、スケジュールを組むことを強く進言いたします。まあ、何か気がついたことが在りましたら、また本ブログでも掲載いたしますし、いくらでもご連絡くださいませ。できることはお手伝いさせていただきますよ。
2010/06/23(Wed) 13:22 | URL  | cooyou #-[ 編集]
お疲れ様でした!
GC取得までのタイムライン、大変参考になります。
初めに弁護士と契約してから実際にGCが届くまでちょうど一年くらい掛かったのですね。
GC取得までの大変さがひしひしと伝わってきます。
おめでとうございました!
2010/06/23(Wed) 12:25 | URL  | Seedless raisin #ax4px7aw[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。