米国けんきゅうにっき カオスだったブルワリ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Halloween_2010.jpg 土曜日(10月30日)に昨夏にREUの学生としてMSUに訪れ、今セミスターからGraduateの学生をやっているDarylとHarrisonとともに空港近くにあるMadison River Breweryに行ってきた。昨年は本来ならDarylを指導しなければならなかったのだが、名古屋で開催されるICBICとJSTのヒアリングもあって彼に指導する時間がとれなかった。まあ仕方がない話ではあったのだが、彼は私の前任のポスドク、Jeannine(今はPortland近郊にある大学のファカルティ)の学生だったのと、彼女にはCrater Lakeに行った折りに大変お世話になったのとで、個人的には(Darylを指導できなかったことに対して)罪悪感を感じていた。そーいうわけで昨年のREUプログラムの終わり近くに彼とその友達を連れてこのMadison River Breweryに連れて行ったのである。

 と、ここまで書いて気がついたのだが、このブログでMadison River Breweryについて紹介してないね。そういうわけなんで、まずそれから話そうか。場所はGallatin Field空港(Bozemanの最寄りの空港)のすぐそば。ちょっとがんばれば歩いていける距離だ(まあそんなことしなくても、空港のバーでそこのビールを飲めるけど)。このブルワリはどちらかといえばBelgrade(Bozemanの隣町)の町外れにあるんだが、意外と静かで個人的には好きなブルワリの一つである。そんな個人的嗜好もありBozemanを訪れる友人やここを去る知人との親睦を深める意味も込めてよく連れて行く場所だ(そんな関係でここに書くのも忘れていたのね、あんまりよく行くからさ)。

MR_Brewery_01.jpgMR_Brewery_02.jpgMR_Brewery_03.jpg
シンボルのタンクそもそも入り口がこんなだから、入るのに躊躇する中はテイスティングルームとしてはいたって普通だ


 写真の様に初めてくるとこの入り口は躊躇するね。まあただの倉庫の一室だから。それでもハンディキャップ用のスロープがあるあたりはバリアフリーが考慮されているんだが、とにかくはじめの一歩は勇気がいるだろうw

MR_Brewery_04.jpgMR_Brewery_05.jpg
すごい数のボトルコレクションオススメのHop Juice


 ここのブルワリの私のお薦めは上の写真のHop Juice。分類としてはIndian Pale Ale(IPA)になる。これはブルワリフェスタでも何度か賞を受賞しているとか(私もこのビールに投票した記憶がある)。まあIPAなんで苦みの強い味なんだが、そんな中でもシャキっとしたサッパリ感があってイイ!他にもStoutなんかもオススメだが大抵はこのHop Juiceを飲んでしまうね。

 さて話を最初に戻そう。そのDarylとHarrison、昨年のMSUでの経験がよっぽど良かったのか、Graduateとして本セミスターからMSUにきているという話は上に書いた通り。そんで会うたびにMadison Riverへ行こうぜと誘ってくれるわけさ。彼らの中では昨夏の印象がよっぽど良かったんだろうね。そーいうわけで、土曜日に彼らを連れてこのブルワリに行きました。

 んでテイスティングルームにたどり着くと、なんだかヒトが多いぞ?思われるわけだ。で、中に入ってわかった。中ではケイオティクなハロウィーンコスチュームパーティが催されていたのであった。ルーム内にいるほぼ8割くらいの人たちが何らかのコスプレをしていた。印象深かったのはカップルでアウトレット(日本でいうコンセント)とプラグとかな。あと牛の格好をしたオヤジが私に空港の管制塔のてっぺんに居なかったか?と言われたな。

 このコスチュームパーティ、特筆すべきことは年齢層が高いということだ。まあビールを飲める年齢なんだから当然なんだが、それもあってよりカオスな雰囲気が渦巻いていたのだろう。

FC2blog テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

【2010/11/02 09:59】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。