米国けんきゅうにっき Swiftcurrent Passの手前まで行ってみた
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 しばらくパソコン関連のエントリが続いたので、今回は再び国立公園について。このブログを読んでくださっている方はご存じかもしれないが、この夏にモンタナ州Glacier国立公園に新婚旅行に行ってきた。その際にMany Glacier側にあるGrinnell氷河トレイルIceberg Lakeトレイルを歩いたのだが、キャンプ最終日に(もう疲れ果てていたんだけど)Many Glacierにあるもう一つのメジャートレイル、Swiftcurrent Passトレイルを歩くことにした。とは行ってもさすがにこれを踏破するつもりもなかったし(これはその名の通りSwiftcurrent Passを越えてGranite Park Chaletまで続いている)、天候もちょっと悪くなってきていたので行けるところまで行こうかということになったのである。

swiftcurrent_2010_01.jpgswiftcurrent_2010_02.jpg
Swiftcurrent Motor Innの駐車場の一番奥に入り口があるトレイルに入ったとたんに鹿が出現


 すでに出発時には霧雨が降り始めていたのだが、トレイル周辺の駐車場にはすでにクルマがたくさん停められている上に、ぞろぞろとハイカー達がトレイルに吸い込まれていった。基本的にアメリカ人は天候を気にしないんだろうね(雨降ってても傘ささないし......)。トレイルに入るやいなや、結構大きい鹿が目の前のトレイルに陣取っていたのはちょっとビビった。

swiftcurrent_2010_03.jpgswiftcurrent_2010_04.jpgswiftcurrent_2010_05.jpg
ごらんの様に天候はよろしくない今度はヘラジカの子供だそうな対岸の滝が目下の目標となった


 トレイルはほどよい人数で占められていたためか、ほぼ大きなグループと行動を共にする形となる。だからみんな、野生動物に目ざといのよ。私たちなら素通りしそうなのに、よく動物たちを見つけてくれるのだ(まあ後述するが、そのおかげで早めにこのトレイルから帰ってきたんだけどね)。とりあえずこの時点では上の左の写真に写っている滝を目指すことにした。ちなみにこの湖はRedrock Lakeという。

swiftcurrent_2010_07.jpgswiftcurrent_2010_08.jpg
ますますお天気は下り坂そんで更に悪い材料は遠方にグリズリー!


ちょっと天候がいただけないのよね~。んで滝の直前でたくさんのハイカーが湖とは反対側の斜面を見ているワケよ。まあ言わずもがなグリズリーベア(日本で言うところのヒグマの近縁)である。しかもかなりの距離があるのに結構、はっきりとした存在感あるんだよね。あれはかなり大きいんじゃないかしら?

swiftcurrent_2010_09.jpgswiftcurrent_2010_10.jpgswiftcurrent_2010_11.jpg
なんだかんだ言ってRedrock Fallsに到着名前の由来は岩肌が赤いからかね?


 このRedRock Fallsまではほぼ平らなトレイルを歩き続けるだけなんでちょっとつらくはない。まあ初心者向けのハイキングコースだ。個人的にはこの先にあるRedrock Fallsの水源のBullhead Lakeまで行ってみたいかな~とは思っていたのだが、妻との協議の結果、ここで折り返すことにした。まずは悪天候もそうなんだが、クマの動向が予測できないのと、上流の方でどっかのアホがホイッスルを吹いていたので、ちょっと雰囲気悪いよね~ってことで。

 最終的にこの判断は正解だった。というのは雨が本降りになってきたのと、トレイル口にたどり着く直前に以下のパーティを見たからね。

swiftcurrent_2010_12.jpg


FC2blog テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

【2010/11/07 21:17】 | 国立公園めぐり
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック