米国けんきゅうにっき 米国出国時のドタバタ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 昨日、下の階の日本人ポスドクの方と話していた時に思い出したBozemanの空港ゲートでの出来事を書いておこう。

 2つ前のエントリでも触れたが、ワタシは年末年始にかけて日本に里帰りしたわけである。本来、ワタシはこんなクソ高い時期に飛行機に乗ろうなんて思わないのだが、今回は特別である。ってゆーか今後、アメリカで働き出すことになれば、このクリスマスシーズンしかまとまった休みが取れなくなるわけなので、そのシミュレーションも兼ねての帰国である。それとやはり昨年、入籍したので妻の親族との顔合わせパーティを妻のご両親が企画してくれるということもあり(ありがたいことである)、その参加のための帰国も兼ねていた。

 そんな中、妻に頼まれたことがひとつ。モンタナ(或いはアメリカ)ならではのお土産を親戚方のために買ってきてほしいというもの。モンタナなら普通に思いつくのがステーキ用の牛肉なんだが、そんなものを日本に持ち込むことはできない。またこっちで売っているチープなお菓子なんかでは逆に失礼であろう。そんなわけでWal☆Martにあるモンタナスーベニアショップを物色して見つけたのが(クマも大好物の)ハックルベリーのジャムである。それをちょっと多めに買い込んで、ここ米国のお土産とすることにした。

 さて出国当日である。その買い込んだ大量のジャムは瓶詰めなので割れたら大変と思い、機内に持ち込むバックパックに入れることにした。まあこのとき気づけば良かったんだけどね。そう、どこかのだれかさんのおかげで、機内には一定量以上の液体やゲルを持ち込んではいけないのである。それをチェックポイントでX線にかけられるまですっかり忘れていたわけである。

 まあ当然、検査官にとめられるわな。明らかに基準量以上のゲルを持ち込もうとしているんだもの。オプションは2つ。すっぱりあきらめて捨てるか、空港内にあるスーベニアショップからUPSで日本に発送するか。そんでどーすると訊かれたのだが、捨てることはできないので、その階下のショップに行って発送すると伝えた。この時点ですでに離陸予定30分前だったのだね。

 階下ではまたトラブル。ショップのおねーさん、UPSで日本に送ったことがないらしく、料金を調べるのにずいぶんの時間がかかってしまった。その上、パッキングとかしてたら、もう飛行機は間に合いそうにない。仕方がないので、そのショップにあるチョコレートを代わりに買って行こうかと考えていると、そのおねーさん、ナイスアイデアをオファしてくれた。チェックポイントの内側にも系列店があるので、そこにある等価のジャムと交換しようというのである。早速、チェックポイント内にあるショップに電話してくれて在庫を確認。元々持っていたジャムをそのショップに返却し、チェックポイントを急いでくぐる。すでに離陸予定10分前

 今度はチェックポイント内のショップでは別のおねーさんがジャムを渡してくれたのだが、数が足りん!!もうハックルベリーじゃなくてもいいや、ってゆーことで頭数を合わせて、紙袋に入れる。ああ、離陸予定5分前

 ものすごく重い紙袋を抱えてゲートへダッシュ。まあBozemanの空港は小さいからね。そんでもショップからゲートは端から端だったのでかなりあせった。とりあえず、飛行機を待たせることなくボーディングできたわけであるが、こんなイヤな状況はもうこりごりなのである。


FC2blog テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

【2011/01/07 12:57】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック