米国けんきゅうにっき 推薦書の催促
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 今朝は非常に寒かった。でも空が晴れ渡っていたからかね、朝の空気がすごく清廉なカンジだった。

 お昼頃、フロリダ州のある大学から推薦書の催促が届いた。これは実は2回目の催促。前回は申請書を出したヒト全員に送ったみたいな感じの文面だったが、今回はワタシの個人名で来た。しかも急いでいるのかとりあえず今回は電子メールで送ってもらうように手配してくれとか(そのあとオリジナルは郵送で)。まあちょび~っと期待しておこう。

 さて問題はリファレンスにどうやって聞くかだが、まあ素直にメールで尋ねてみた。一人は前のポスドク時代のボスなのですぐに返事が来て、送ったけど、届いて居ないのはちょっと驚いていた。まあとりあえず電子メールで送っておくとのこと。もう一人は米国外なので、そもそも時間が掛かるだろうと、先方に連絡しておいた。彼女の方はまだ時差的に深夜なので、すぐには返事は来ないだろ。

 まあ、そんなかんじ。いいことあるといいな~。


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2011/02/01 13:02】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック