米国けんきゅうにっき ドリアを作ったらうまかったの巻
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
ドリア_02272011_b 先週の金曜日、キャベツを切っていたら間違って指を切った。久しぶりに料理で怪我したわ~。まあそんなことはいいんだが、妻と電話をした際に炊飯器に黄色くなりかけたご飯が余っている話をしたら、ドリアにすれば?と言われた。そんなわけで日曜日はドリアを作ることにしたんだが、実は作るのは初めて。で、レシピをぐぐってみて、それにならって作ってみた。意外とうまかったので、ここで触れておこうと思う。

 まずドリアといってもミートソースをぶっかけるタイプが食べたかったので、ミートソースから作ることにした。

 ニンニクを細切れにして炒めるんだが、弱火でじっくりと炒めるんだそーな。なんでも香りを出すためなんだって。いままでそんなこと、考えたこと無かったんだが、たしかに弱火で炒めると香りが出て良い。そーいうわけオリーブオイルをフラパンにひいてニンニクを炒めていたんだが、その途中で気がついた。赤ワインがねぇ!!最初にレシピを眺めていたときに、「ああ、赤ワイン使うんだ~」と気がついてはいたんだが、どーせ大さじ1,2杯くらいだろーと思って、買ってこなかったわけ。でもよく見ると1カップ使っているんだわ。さすがにこれを無視したら、違うものができそうな気がしたので、急遽、Co-opまでクルマを走らせて赤ワインを買いに行った。

 帰ってきてからその続き。タマネギとセロリを細切れにして、やはりフライパンで炒める。レシピでは一度、炒めたニンニクを更に移してからやれと書かれてたが、エクストラの皿が汚れるので、そのままタマネギとセロリを入れて中火で炒める。この際に塩を加えた。こいつらが柔らかくなってきたら、牛の挽肉を入れて茶色になるまで強火で炒めた。そんで缶入りトマト(スマッシュって書かれてたヤツ)を入れて中火でグツグツ煮込みはじめる。ああ、あと大さじ3杯くらいのケチャップと塩、こしょうをばらまいた。そんで5分くらいかき混ぜながら煮たら、赤ワインを1カップくらい投入して蓋をする。あとは小1時間ほど煮込んだ。(その間はヒマだったので、あけたワインを飲んでいた)

 約1時間後。妙にうまそうなミートソースができあがったんだな~。確かに赤ワインを入れるといいカンジだ。わざわざ買いに行って正解である。今回はパスタにかけるんじゃなくてドリアにするので、グラタン皿にバターを薄く塗って、黄色いご飯(笑)を投入。その上にたったいまできあがったミートソースを載せて、ピザチーズをふんだんにトッピングだ~

 オーブンは375Fでプレヒートしといた。それに盛りつけたブツを投入し、15分ほど焼く。チーズの色合いが美味しそうになったので、オーブンから取り出し、パルメンザンをぶっかけてできあがり。

 まあうまかったんだが、残飯を全部使ったのでちょっとご飯の量が多かった。だからミートソースのレイヤーを稼げず、汁気がちょっと足りんかったかな?まあミートソースの味付けは個人的には満足だったので、今夜はパスタにぶっかけて食べてみるョ。


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2011/02/28 12:55】 | 料理
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック