米国けんきゅうにっき Gtand Teton、最後の訪問
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
Teton2011_07_00.jpg モンタナを離れるまであと1月を切った。この街には6年半過ごしていたことになるんだが、改めて思うのは米国のなかでは恵まれた住環境だったこと。特にYellowstoneやGrand Tetonから比較的近いコトもあり、両公園には足繁く通ったので、この街を離れるのはちょっと名残惜しい。まあJohnも言っていたが、Bozemanは米国にあって夢のようなところだと。全くその通りだと思うし、東海岸に居た頃に感じていた緊張感なんかもここでは皆無だった。そんなBozemanを去る前に心残りがないようにということで、先週末にYellowstoneとGrand Tetonに行ってきた。この時期はまさにハイシーズンになるのでロッジなんかの予約はあきらめて、テントキャンプ三昧をしてきたのである。

 金曜日の午後に休暇を取ってからYellowstone国立公園を目指した。West Yellowstoneまでここからクルマで1時間半。さらに西門からMadison Junctionまで30分くらいかな?この週末は素晴らしい天気だったせいか、すでにMasdisonのキャンプ場はフルになっていた。まあこの混み具合は予想通りだったので、事前にGrant Villageのキャンプ場に予約を入れておいたのである。このキャンプ場で一泊後、Yellowstoneの南にあるGrand Tetonに向かった。これでもがんばって早朝にYellowstoneを出たのだが、人気のJenny Lakeキャンプ場はすでにフル、まだ午前9時の時点である。まあそんなわけでColter Bayのキャンプ場に行き、キャンプサイトを確保したのである。

 今回はまったりキャンプのつもりだったのだが、さすがにテントを設営して食事をとってもまだ11時なので、Jenny Lakeの対岸にあるInspiration Pointという見晴らしの良い場所までショートトレイルを歩くことにした。

Teton2011_07_02.jpgTeton2011_07_03.jpgTeton2011_07_04.jpg
トレイルが一部破損していたので、仮設階段をいく最初の見晴らしの良い場所振り返るとTeton連峰が
Teton2011_07_05.jpgTeton2011_07_06.jpgTeton2011_07_07.jpg
微妙に落ちたら痛そうなガケInspiration Pointに到着そしてそこからの眺めである


 このトレイルはJenny Lakeのビジターセンターから15分おきに出ているフェリーで対岸まで行ってから登る。もちろん湖畔を周回して対岸まで行くコースもあるが、ワタシもヘタレになったのでフェリーを利用した。ちなみにこのフェリー、操舵が荒いのかなんなのか窓際の席に座るとほどよく湖水をかぶるので注意が必要である。

 トレイルはHidden Fallsにも行けるので行ってきたが、こちらの写真は妻がそのうちブログに書くと思うのでここでは割愛。Inspiration Pointの眺めはなかなか上の写真ではわかりにくいが、なかなかである。なによりも風が心地よいんだ。このInspiration Pointを越えていくとCascade Canyonに向かうトレイルにつながる。もうちょっと体力に余裕があれば行きたかったところだが、今回はやめておいた。やり残しておけば、また再びこの地に足を踏み入れるチャンスがあるだろうし。

 そんなわけでモンタナ在住中、最後のGrand Teton国立公園観光を堪能した。Tetonは映画「シェーン」の舞台となったところで有名だが、個人的には素晴らしい景観に心奪われる。まあ有り体に言えば、何度も行きたくなるのである。次回はいつ訪れることになるかね~。

FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2011/07/20 07:21】 | 国立公園めぐり
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック