米国けんきゅうにっき 新しいラボの様子
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
VA-20110826-00073.jpg 先々週からラボには通常ベースで常駐している。とはいってもP450関連の論文を読み続けているのだが。モンタナとの大きな違いはボスが夕方頃に(雑談も含めて)研究について話しかけてることか。これは○工大時代に似ているなあと感じる。改めてアクティブなラボはこうでなくっちゃね!と思ってしまうこの頃。

 膨大なペーパーワークが終わり建物に入るカードキーとIDが発行されたので、やっと自由にVAのリサーチセンターに出入りできるようになった。IDはHR(ヒューマンリソース)で写真を撮られ直ちにラミネート化されて渡されたのだが、なんだか上に向きすぎていて変な写り具合。これで本人照合ができるのか?

 このペーパーワークの果てにはUMのID番号の発行と大学のPCやサーバーへのアクセス権が付与された。ついでに保険の登録も。妻の分はSSNの発行がまだなので、書類をPayrollに提出。(そのPayrollも大学からちょっと離れたところにあるので超不便なんだなぁ)そんで意外なことだが8月分の給料も出た。これは予想外で助かったのであるが、初回は銀行振り込みではないので、その学外のPayrollに取りに行かねばならない。これは明日の朝、ラボに行く前に取りに行くことにする。

 ラボの中はとっても静かである。少なくともUDやMSUよりもずっと静か。論文を読むにはもってこいの環境である。ここではPCも大学側から支給されるので、論文もダウンロードし放題。さすが米国のトップ校の一つだけあって、購読している雑誌の数も半端ではない。さらにPCで作成したデータはローカルのHDDに保存するのではなく、ネットワーク上流にオンライン接続されたHDDに保存するようにとのこと。このオンラインストレージは冗長化(たぶんRAID)されているので安全なんだそうだ。何もかもが先進的でビビった。

 さて研究である。ここでのボスはワタシにヒト由来のP450の大腸菌での発現系を作ってほしいらしい。22番染色体にコードされているP450で、現代人が取り得る薬の3割近くを代謝するとのことで、薬学的に非常に重要なのだ。一応、遺伝子いじるのは専門じゃないおって言ったんだがなぁ。しかもそいつは膜タンパク質なので精製の経験すらねぇ!つまりはじめから新しいこと始めることになったんだな。とりあえず座学で何とかなるところは論文をたくさん読んで何とかするんだがね。でもヒトの遺伝子を大腸菌で発現って聞くからに発現効率が悪そうだ。だいたいMSUでいじっていた土壌細菌の遺伝子だってそのまま大腸菌にぶち込んでもマトモなタンパク質ができないんだぜ?同じ原核生物同士でこの有様なのにね。ただこっちのタンパク質は発現系に関しては成功例があるから勝算がある模様。ただ発現効率を高めるためにメッセンジャーRNAの推定二次構造から膜貫通部分のαヘリックスをコードする塩基配列をデザインしてくれと......そんなことを伝えられた今週であった。

 ところでまだUMのIDをもらっていないので(もらったのはVAのID)、市バスにタダで乗れない。だから朝晩は妻に送り迎えしてもらっているのだが、今日は試しにバスで帰ってみることにした。ちなみにバスで40分くらいかかる郊外に住んでいるが、自分の車だと15分だ。バスが時間がかかる理由は、今日のルートは一度、ダウンタウンにいって乗り換えしたためである。実は初めてAnn Arborのダウンタウンに行ったのだが、なんだか楽しげなレストランや建物がいっぱいあった。まあBozemanとは大違いである。


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2011/09/01 19:39】 | 研究
トラックバック(0) |


cooyou
>こてくん

 うん、ちょっと焦ってる。でも、なんとかなるでしょ~とか思っていますわ。


こて
うへーーー。
P450でしかも膜タンとか、スーパーめんどくさそうですね。
平行して他のも走らせないと、撃沈しそうでハラハラしますね。


cooyou
ありがとうございます。医学部所属のラボという響きは確かになんだか未知の世界みたいですよね。

まあうちのボスの研究は生化学寄りなので、モンタナでの研究と似ておりますが。

自分としてもポスドクのみのラボというのは初めてなので、不安と期待に満ちあふれておりますが、がんばっていきたいです。



病院で研究ってかっこいい響き
Seedless raisin
新しいラボは病院に所属しているのですね。大学のいわゆる研究室しか知らない自分からすると未知の世界でかっこいい感じがしますね。設備を含め、研究環境に恵まれている様子ですので、早く実験結果がでるようになると良いですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
>こてくん

 うん、ちょっと焦ってる。でも、なんとかなるでしょ~とか思っていますわ。
2011/09/04(Sun) 06:52 | URL  | cooyou #-[ 編集]
うへーーー。
P450でしかも膜タンとか、スーパーめんどくさそうですね。
平行して他のも走らせないと、撃沈しそうでハラハラしますね。
2011/09/04(Sun) 06:41 | URL  | こて #6mhiDe5.[ 編集]
ありがとうございます。医学部所属のラボという響きは確かになんだか未知の世界みたいですよね。

まあうちのボスの研究は生化学寄りなので、モンタナでの研究と似ておりますが。

自分としてもポスドクのみのラボというのは初めてなので、不安と期待に満ちあふれておりますが、がんばっていきたいです。

2011/09/03(Sat) 09:20 | URL  | cooyou #-[ 編集]
病院で研究ってかっこいい響き
新しいラボは病院に所属しているのですね。大学のいわゆる研究室しか知らない自分からすると未知の世界でかっこいい感じがしますね。設備を含め、研究環境に恵まれている様子ですので、早く実験結果がでるようになると良いですね。
2011/09/02(Fri) 21:32 | URL  | Seedless raisin #ax4px7aw[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック