米国けんきゅうにっき 隣町のJacksonにあるブルワリ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日は妻の英語レッスン仲間である日本人の方のご主人とその友人の方とともに日本居酒屋に行ってきた。この店のお話は次回ぐらいに触れることとして、今日になってどーしてもジャンクなアメリカンレストランでバーガーを喰らいたい衝動に駆り立てられたのである。どうも最近、ますます自分の身体はアメリカナイズされているらしい。

 そんなわけで隣町のJacksonにあるブルワリに行くことにした。なんでそこにブルワリがあるのを知っているのかというと、引っ越しの際にJacksonからAnn Arborに向かう折、高速道路沿いにブルワリのタンクを見つけてしまったから。

 さてブルワリは"The Local Pub & Brewery"というところ。Ann ArborからI94を西に走って30分くらい。ホントーに片田舎にあるので、他人事なんだがちょっと客足が心配である。

Jaxon_10_02_2011_01.jpgJaxon_10_02_2011_02.jpgJaxon_10_02_2011_03.jpg
看板はジョッキに注がれたビールがモチーフ屋根にJaxonという文字、このブルワリの社名らしい入り口はなんだかモーテルのソレに似ていたので、何か古い物件を改装したのか?


 ブルワリの駐車場はこれでもかというくらいだだっ広かった。アルコールを出すのにこんなに大っぴらに駐車場を設置していていいんだろうかと思うんだが、それ以外にも店の前に数件ほどモーテルがあるので、ここの宿泊者には(ビール好きである限りだが)至福の時間が提供されているようだ。

Jaxon_10_02_2011_04.jpgJaxon_10_02_2011_05.jpgJaxon_10_02_2011_06.jpg
今回はサンプラーを注文左からコルシェ、ブラウンエールピルスナー
Jaxon_10_02_2011_07.jpgJaxon_10_02_2011_08.jpgJaxon_10_02_2011_09.jpg
そしてIPAと、シュタウト(黒ビール)店内から見える醸造器では作業中の人が見えた


 今回はサンプラーを注文。好みのビールがあればグロウラーを買って自宅で楽しもうと思ったのである。さて味の方は......自分としてはあまりすすんで飲まないコルシュスタイルのビールが美味しかった。でもそのあとに飲んだIPAの芳醇なホップの香りに魅せられてしまいました。ちなみにウエイトレスのおねーさんは”ブラウンエールはどう?”って聞いてきたのだが、ちょっとトリッキーな味だったのでコメントが難しかったなぁ。とりあえずほかのビールと一線を画する方向性だったような気がするが、あくまで主観的な感想なのであしからず。

Jaxon_10_02_2011_10.jpgJaxon_10_02_2011_11.jpgJaxon_10_02_2011_12.jpg
ほうれんそうとアーティチョークのデップブルーチーズの味か引き立つビックジョンバーガーそしJaXsonグロウラ


アーティチョークのディップはこちらでの前菜の定番の一つだが、特にほうれん草入りのはビールに格別にマッチする。そしてお待ちかねのアメリカンエントリはブルーチーズが潤沢にのせられたビッグジョンバーガー。これまたアメリカンビールに合っておいしいんだな~

 最終的にワタシが選んだビールはIPA。やっぱりIPA党のワタシなのである。グロウラのデポジットが$4でリフィルが$12。ほかの州に比べて値が張るんだが、とっても美味しいIPAだったので自宅に持ち帰ることにした。そしてこのエントリを書きながら、今晩はこのホッピーな味を楽しんでいるのであった。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2011/10/02 17:29】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。