米国けんきゅうにっき 2011年のサンクスギビング
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 さて昨日はアメリカでの10回目のサンクスギビングホリディを過ごした。サンクスギビングといえば七面鳥の丸焼きであり、大抵はどこかのアメリカ人の家族の家に招かれていたものだ。しかし今年は妻も一緒にいるということなので、七面鳥の丸焼きを自宅で調理することに。

 ちなみに七面鳥の丸焼きは過去に2回行っている。いずれもMぽんが米国に滞在しているときに限られていたが。以下は今回も含めた丸焼きの完成写真である。

thanksgiving_2011.jpg
thanksgiving_2009.jpg
thanksgiving_2007.jpg
今年の七面鳥は最高傑作!
2009年の作、こちらは2人でたいらげる
2007年の処女作、スタッフィングが色とりどりでよろし


 過去2回の作品はそれぞれできが良かったと記憶しているのだが、今年のはコレまでのなかで最高傑作だと思う。というのはコレまでは電熱オーブンだったのだが、今年からガスオーブンを使用できたことだろうか?

 今年のターキーは友人や知人を招待したので、これまでの倍以上の大きさを調理した。重さにして15ポンド(約7キロ)である。あまりに大きかったので、コレまでのパンでは入りきらず、サンクスギビング当日に近くのMeijerまで行って、大きめのパンを買ってきたくらいである。

 味の方も妻がフードチャンネルで詳しくリサーチした結果、すばらしいできばえだ。皮はほどよくパリパリで、切り分けたお肉がすばらしく柔らかくジューシーなのである。妻もワタシも過去、最高傑作であることには疑いの余地はない。

 さてこのサンクスギビングの期間中にクルマが壊れていた。どうも燃料ポンプが寿命だったらしく、走行中にエンジンが止まってしまう症状が出てしまっていたのだ。そういうこともあり、このターキーを買いに行ったときは自転車でグロッサリーまで行って、凍ったターキーをバックパックに入れて持って帰ってきた。ほかにも野菜やらビールやらも詰め込んだので、総重量はかなりのものであった。さらにさらに足りないモノも結構あったので、スーパーまで3回往復した。運動不足気味のワタシには非常に良い運動であったのである。


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2011/11/25 21:24】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック