米国けんきゅうにっき すばらしいIPA
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L_brewing_2011_11_26_01.jpg 昨日はNoviにあるTwelve Oaksというショッピングモールに行ってきた。その帰りにLiberty Street Brewing Companyというブルワリに立ち寄ったので、ここに記しておく。
 さてこのブルワリの紹介をする前に、ナゼこのブルワリに立ち寄る気になったのかについてちょっと触れようではないか。ちょっと前になのだが、Mぽんが通っている英語レッスンで知り合った日本人妻とその旦那さんと知り合う機会に恵まれた。その旦那さんが会社の同僚とともにこのブルワリに行ったのだそうな。そこで対抗心に燃えるワタクシめは、もうちょっと後に行こうと思っていたこのブルワリに直ちに行くことにしたのである。

 さてそんなLiberty Street Brewing Companyであるが、Plymouthというダウンタウンの町並みがかわいらしいところにある。

L_brewing_2011_11_26_02.jpgL_brewing_2011_11_26_03.jpgL_brewing_2011_11_26_04.jpg
お店の外から見える醸造器店内はちょいと暗めで落ち着いた雰囲気


 店内は少し暗めの照明で大人の雰囲気が醸し出されている(まあビールなんてフツーは”大人”しか飲まないがね)。カウンターに数席のチェアといくつかのテーブル席という構成はちょっと小さいかなという印象だが、アットホームな感じがして個人的には好印象。ちなみに2階席もあるようなので、キャパシテーとしては十分かもしれない。

L_brewing_2011_11_26_06.jpgL_brewing_2011_11_26_07.jpgL_brewing_2011_11_26_08.jpg
Double IPAとAmber aleメニューの表紙


 ビールである。ワタシはやはり定番のIPAを注文しようとしたのだがストックが切れているとのこと。代わりにスペシャルブリューのdouble IPAを勧められたので、これをオーダーした。

 さてその味である!今までに飲んだことのないIPAの味である!!フツーIPAといえばとてもホッピーで”尖った”味なのだが、このIPAはホッピーであるにもかかわらず”丸い”のだ。そして最初の一口と後味の味わいの大きな違いはワタシを大いに熱狂させてくれた。そう、このIPAに魅了されたのである。

 残念なのがこれは期間限定のIPAであること。よっぽどグロウラーを購入して持って帰ろうかと思ったのだが、聞けばあと2週間くらいは供給できる量を醸造してあるとか。そんなわけで次回、訪れた際に、まだあれば購入してクリスマスシーズンを楽しもうと思った。


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2011/11/27 09:43】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。