米国けんきゅうにっき さくらの季節
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-25_sakura00.jpg ちょっと前のことになるがDetroitのBelle Isle Parkにさくらを見に行ってきた。Detroitのダウンタウンのそばということと、同僚の話を聞く限りにおいて、その公園の外側はあんまり安全ではなさそうだったのだが、過去7年くらいソメイヨシノが満開しているのを見る機会に恵まれなかったので、是非見に行くことに。

結果から言えば、まさにベストのタイミングでの訪問だった。伝え聞くところによれば日本は開花が遅いらしく、FBのフレンドによれば水戸では最近、梅とサクラの同時開花を楽しめたとか。一方のこちらは3月下旬には満開になっていたので、如何に暖かいかが伺えるだろう。

 こちらでは、むかしデラウェア時代にDCのサクラを見に行った記憶がある。あちらは100年ほど前に結構な数のサクラが日本から寄贈されており、たしかcherry Blossom Festivalが満開の時期に開催されていた。それとくらべればこちらのサクラは静かなものである。こちらのサクラは20年近く前に豊田市から寄贈されたものとか。

2012-03-25_sakura01.jpg2012-03-25_sakura02.jpg2012-03-25_sakura03.jpg
満開であるサクラ回廊


 日本に居た頃はこの時期はスギ花粉症がひどくて、春の風物詩をまったく楽しめなかった。しかし渡米して以来、花粉症とは無縁の生活となったため、サクラ満開を堪能できている。

 ところで上でも触れたように、ここのサクラはひっそりしている。たぶんDetroitのダウンタウンのそばにあるということもあるのだろう。実際、ここにたどり着く直前まで、荒廃した町並みの中を走っていたから。それでもちらほらとサクラを求める日本人を見かけた。

 日本の花見のような喧噪とは別世界。ゆったりとした時間を楽しめたのである。





【2012/04/13 07:20】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。