米国けんきゅうにっき ストレスからのちょっと開放感、そんでNexus7が届く
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近やっと兆しがあらわれてきた。研究の進捗の話なのだが、タンパク質発現レベルの安定化および精製法の確立が軌道に乗り出した感じ。去年の8月からだから約10ヶ月かかったことになる。

 こんな経験は博士課程以来だろうか。あのときも今回同様、フロムスクラッチからの実験系の立ち上げだった。もっともあのときは金属配位子のデザインと合成、遷移金属錯体の合成、今回はプラスミドのデザインから大腸菌による発現系の構築、タンパク質の精製とずいぶんと違うわけだがね。

 今やっているのはP450という酸化酵素の研究なんだが、その中でもヒト由来のやつを大腸菌で発現させて研究に利用しようというものだ。個人的にはヒト由来のP450を大腸菌で発現させても、ヒトそのものから得られるであろうP450とはまったく同じにはならんだろうと思うんだが、このP450の世界はコレで良いらしい。

 まあコレが膜タンパク質というのもあるんだが、なかなか大腸菌で発現しないわけよ。だから株の種類を変えたり、メッセンジャーRNAの予測2次構造を元にした至適コドン配列を探してみたり、あーでもない、こーでもないといじってたのがこの10ヶ月だ。そもそも錯体作ってたバックグランドの人間に遺伝子工学をさせるなよとつっこみをいれたくなるが(ボスにはここにきたときにさんざん念を押してある)、ポスドクである以上仕方のないことである。

 とにかくなんとかメドがたってきた。今はHisタグを使わないクロマト法を模索している感じである。ちなみにナゼ、タグを使いたくないのかというと、このタグ、Niイオンを担持させた樹脂でクロマトを行うわけだが、このNiイオンはずれてきて精製したいタンパク質にくっくことがあるのだ。まあ悪さしなければいいんだけど、わからんよね~。特に私のバックグランドは錯体化学、Niイオンなんてタンパク質表面にくっついてたら百害あって一利なしって思うわけさ。そーいうわけで、もうちょっと古典的な方法で攻めることにしたのである。まあそれ以降のお話はいずれまた。


 ところで7月2日に衝動的に注文したNexus 7がついこの間の火曜日に届いた。某匿名掲示板で話題になってたAdoramaというこっちの通販サイトよりも5日ほど遅れての到着である。

 まあこれに関してはツイートでもふれたんだが、正式発表されていない日本の人たちが本国の直販サイト(Google Play)で注文したのよりも早く手に入れられたというのはどーなのよと思った。こっちのギークたち、とくにGoogle直販組は不満いっぱいだった様である。ひとえにGoogleはハード会社じゃないんだなと思うと同時に、少なくとも今後、Google Playではハードウェアは買うことはないだろーなと思っている。

 さて開封の議である。

Nexus7_2012_07_17_01.jpgNexus7_2012_07_17_02.jpgNexus7_2012_07_17_03.jpg
なんの変哲もない段ボール箱そしてGoogle Playからのスリップ第一印象は”ちっせ~”
Nexus7_2012_07_17_04.jpgNexus7_2012_07_17_05.jpgNexus7_2012_07_17_06.jpg
まあ実際、小さい7を意識したデザインであるなんかSONYあたりが戯言をこいてた”おもてなし”を感じるんですが...


 このNexusと書かれた黒い箱のふたが取りづらくてちょっと笑えた。まあどーでもいいことだが。それ以外は梱包は完璧である。なんだかわくわくするよね~。でも明らかにiPadを意識してるんだろうなとは思うが。

Nexus7_2012_07_17_07.jpg
中に入っているもの最初の起動を動画にしてみました


 梱包されているのは本体と充電器、USBケーブルに保証関連の小冊子だ。マニュアルは本体内に電子化されたのが入っている。起動してみて驚くのが、なにも設定してないのに、いきなりHi Cooyou!みたいな画面が出るところか。これは直販組だからかね?サードパーティから買った場合はどーなるんだろう、この初期画面。

 さて動作だがちょうヌルヌリだ~。さすがNVIDIAのTegra3、クアッドコアCPUだ。あと7インチが小さいんじゃないのと思うヒトがいるかもしれないが、私的にはこれで必要十分のような気がするね。まあiPadと比べたがるかもしれないけど、アレとはたぶん製品としてのターゲットが違うわ。どっちかといえばAmazonのKindle Fireの方が競合相手だろうとあらためて思います。

 そんなところがファーストインプレッションかしらね。まあ日本でも2万円くらいで出るようなら買いだと思うなり。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2012/07/19 22:59】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。