米国けんきゅうにっき そして8年ぶりのLancaster Brewery
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blog_01082013_01.jpg 年末に東海岸を旅した際のこと、やはり以前からお気に入りのブルワリに行きたかったので訪れることにした。ペンシルヴァニアのLancasterという街にあるLancaster Breweryである。Newarkからクルマで小1時間くらいだろうか?ちょっとした田園風景の中を走るのである。

 ところでアーミッシュという方たちをご存知だろうか?ペンシルヴァニア州をはじめとして全米各地に住んでいる元はドイツ・オランダ系の移民である。彼らの特徴的なのが、公道を馬車で走っていること。Lancasterに向かう途中でよく見かけたものだが、今回もたくさん見かけた。まあLancasterがアーミッシュが全米へ散っていく前の中心地だったため、このあたりには比較的多くのアーミッシュが暮らしている。


 話はそれたがこのブルワリのMilk Stoutは当時の私のお気に入りのビールだった。もう久しく飲んでいなかったのと、妻にも味わってほしかったので、本旅行のトピックのひとつであった。

blog_01082013_02.jpgblog_01082013_03.jpgblog_01082013_04.jpg
ついた時間がちょうどハッピーアワーだったので店内は混みこみそしてこれがMilk Stoutだっ!そしてしめはIPAにしました


 Milk Stoutである。ラクトースとともに醸造されるこのビールはミルクの味こそはしないが、とってもやさしい口当たりである。まあ泡がきめ細かいっていうのもあるんだけどね。ビール自体はシュタウトという名の通り、黒ビール。原料をローストしてから醸造するのでとっても香りが良い。アルコールはちょっと高めかね。2,3パイントとか飲むと結構酔うから。

 さてワタシは8年前にこの地を去るときにここ(および前エントリのIron Hill Brewery)のTシャツを買った。それらは未だに着ているのだが、いい加減にボロボロになってしまった。特にLancaster BrewingのTシャツは背中に牛の絵が印刷されており、妻に好評なのだ。またこの旅行の直前にかつてデラウェアで一緒だったH君に連絡を取ったところ、ここのTシャツを買ってきてほしいとのことだったので、新たにTシャツを補充したわけだ。残念なのは、妻曰く、背中の牛がかわいくなくなっているとのこと。まあ8年もたてばねぇ...ただカラーになっていたのは進歩だろうか?

 そんなわけでかつてワタシが歩んだブルワリの足跡を今回は妻とともに歩んでみた。まだこのあたりにはおいしいビールを造るブルワリがたくさんある。また来なければっ!!


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2013/01/08 18:00】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。