米国けんきゅうにっき Great Smoky Mountains国立公園へ行く
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
blog_0119_2013_00.jpg 前回のエントリでもちょこっと触れたが、この夏の休暇でテネシー州とノースカロライナ州にまたがっているGreat Smoky Mountains国立公園に行ってきた。ちなみに前回行った国立公園は去年の夏にBozemanを離れる直前に出かけたYellowstone国立公園である。それと較べるとずいぶんと印象が異なるんだが、久しぶりのアウトドアである。たっぷりと堪能してきた。ただ夏の終わりだったので雨が少ないことと、それなりの標高もあるのでちょっとは葉の色も色づいてきているかなと期待してたんだけど、その辺は空振りに終わってしまったのは残念。まあでも前回のエントリでも書いたように周辺のブルワリ巡りを実現できたことと、以下に書くちょっとした山歩きもできたのでよい休暇にはなった。

blog_0119_2013_01.jpgblog_0119_2013_02.jpgblog_0119_2013_03.jpg
GSMNPはこんな風に霧がよく立ちこめるからついた名前だとかモンタナほどではないが、それなりに動物もいるキャンプでまったり。しこたまビールが飲めます


 Great Smoky Mountains国立公園は紅葉がとてもきれいだとか。ボスに休暇の願い出すときにどこに行くか聞かれたんだが、このGSMNPに行くと伝えると、まだこの時期だと暑くて湿気が多いぞと言われた。まあいいんです。ラボの世界の外に出てリフレッシュするのが目的だからね。

blog_0119_2013_04.jpgblog_0119_2013_05.jpg
blog_0119_2013_06.jpg
今回歩くトレイルは人気のAlum Cave Trailというやつ久しぶりの森林浴って感じ。だってA2はここまで自然に囲まれてないもんね


 モンタナを離れて久しぶりの山歩きである。やっぱりミシガンとは違うよなぁ~。ミシガンはホントーにフラットだもん。でもこの間、デラウェアに行ったときにMぽんは空の広さがなんだか違うとか言ってた。っていうのはなんだかミシガンの空って狭く感じるんだよね。モンタナはもとより(ニックネームがBig Sky Countryだし)デラウェアもなんだか空が開けているんですよ。ミシガンってフラットな印象なのになんでこうも違うんだろ?まあこの辺はアッパーペニンシュラに行けばまた認識が変わるんだろうけどね。

blog_0119_2013_07.jpgblog_0119_2013_08.jpg
森には不思議がいっぱいト○ロのトンネルだな


 モンタナの山歩きとの違いは、危険な動物が極めて少ないことである。たとえばトレイルのカーブの先が見えないところなんかだと、モンタナではクマに出くわす可能性があるのでクマスプレーは必携だし大きな音を立ててクマにヒトが近づいていることを認識させる必要がある。しかし、ここではそんな心配はない。まあいるとすればマウンテンライオンだが、こいつと出会いがしらとなるのは稀だ。だからといってマウンテンライオンが安全な動物というわけではないけどね。

blog_0119_2013_09.jpgblog_0119_2013_010.jpg
目的のArch Rockと思われ中にはトレイルが続いております
blog_0119_2013_011.jpgblog_0119_2013_012.jpg
登り切るとこんな感じ中はしめってて滑りやすい


 この1年で体力が急激に落ちた気がする。そんなわけであんまり長距離が歩けない身体になってしまい(これはタダ単に運動不足だな)、このArch Rockまで来て引き返すことにする。まあこのArch Rock、目の前に出現すると結構な存在感である。一瞬、「行き止まり!?」と思うくらい、ちょっと薄暗くて気味が悪い。まあ中は暗いけどしめった階段が続いている。さらにワイヤーが張られているので、それを支えにすればまったく歩行には問題ない。

 体力に反して希望としてはAlum Cave Bluffsまで行ってみたかったんだけどね。まあやめにした。ちょっと天候も不安定だったし。なにより体力がなまっていたし(^^;)



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2013/01/19 11:51】 | 国立公園めぐり
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック