米国けんきゅうにっき Chelseaにあるマイクロブルワリ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
blog_03_31_2013_00.jpg 今日はイースターということで町は比較的ひっそりしている。ちなみにイースターとはイエス・キリストが復活したことをお祝いする日である。昨年は妻の友人の敬虔なクリスチャンの家の招待され、イースター当日は彼らとともに教会のサービスに参加したが、今年は自宅でまったりしているのである。


 さてそんなイースターの前日、土曜日の昼下がりにChelseaという町にあるマイクロブルワリに行ってきた。Chelsea Alehouse Breweryという名前のブルワリである。


blog_03_31_2013_01.jpgblog_03_31_2013_03.jpgblog_03_31_2013_04.jpg
ブルワリはTeddy Bear Coのオトナリにあるだから子連れの家族も結構、このブルワリにいるので、店内は明るい雰囲気



 Chelseaはこぢんまりとしているのだが良い雰囲気の町だ。町の中心には時計台があり、そのそばを貨物用の軌道が通っている。これはたぶんこのCelseaにあるJiffy Mixの製粉工場から製品を出荷するためにあるんだろう。ちなみにJiffy Mixはコーンブレッドやマフィンなどのミックス粉を全米のストアに卸している米国では結構有名な会社である。



blog_03_31_2013_05.jpgblog_03_31_2013_06.jpgblog_03_31_2013_07.jpg
手前の茶色いビールはSeesaw Bitter Paleである、味はIPAに近いCafe Noir Coffee Stoutはコーヒー味のビールHollier 6というちょっとお薬のようなビール、名前の由来はかつてChelseaにあった自動車会社の製品とか



 この日の午後は、ついに春が訪れたようなやわらかな陽の光が店内に差してきていた。ここのブルワリは窓も大きめで室内が明るい感じ。また春の訪れに呼応してか、外のパティオもオープンしたとか。日差しがちょっと強くて暑いくらいである。


 最初に飲んだビールはSeesaw Bitter。Pale Aleとのことだが、この苦みはIPAに近いかも。でも最初の一口がちょっとほかのIPAと違って柑橘系の甘さを醸し出している。その後は苦みが続くけどね。

 Cafe Noirはコーヒー味のシュタウトだ。日差しの中で見ると、そのボディに透明度はほとんどない。でも見かけによらず、スムースな喉ごしはグッドだね。ただしアルコール度はちょい高めである。

 最後のHollier 6はちょっとユニークな味付けである。まあこれもパンチの効いたホップの風味を感じるんだが、ちょっと薬味がするね。飲むヒトを選ぶかも。ただこのボディのダブルであるHollier 8というのもここではサーブされており、人気があることがうかがい知れるかな。これはアルコール度が高いのでパイントグラスではなく、いわゆるチューリップグラスでのみの提供とのことなのだが、おじさんが嬉しそうにおかわりしていた。



blog_03_31_2013_08.jpg ところでビールばかりで無く、ここのサインドイッチも注目の一品である。オーダーしたのはTurkey&Baconなのだが、このソースが絶品だった。子連れで訪れる家族がお昼を楽しんでいるのもうなずける。機会があれば是非、お試しアレ。




FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2013/03/31 13:40】 | ブルワリ
トラックバック(0) |

許せないニュース
W・S
テキサス州の米軍基地の司令官が沖縄の人々を侮辱するとんでもない暴言

http://yabaiyiyiyi.blog25.fc2.com/blog-entry-576.html


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
許せないニュース
テキサス州の米軍基地の司令官が沖縄の人々を侮辱するとんでもない暴言

http://yabaiyiyiyi.blog25.fc2.com/blog-entry-576.html
2013/03/31(Sun) 20:10 | URL  | W・S #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック