米国けんきゅうにっき サンクスギビング&ブラックフライディ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 昨日はこちらの日本人会でお世話になっている方のパーティにご招待していただいた。結構な人数の方たちが居て壮観の一言である。料理もおいしく七面鳥(30ポンドを焼いたそうだ)もジューシーであった。なかなか会う機会のない人たちと話せて楽しかったのだが、私自身、先週から風邪を引いてしまいちょっと声が出なくて、心行くまで会話の輪に入ることができなかったのが残念である。でも、改めて妻共々ご招待していただき感謝の言葉もない。


 そんななかで妻とともに友人でTITの後輩にあたる方の奥さんが再びこちらに滞在することになったとのことを聞いた。1年ほど前にお別れ会をしたのだが、再びコチラに来ることになって妻共々嬉しい限りである。またどこかでBBQをしなければなるまい。


 そして今日は感謝祭の翌日、ブラックフライディである。そう日本で言うところの年末クリスマス商戦であろうか。こちらではこのブラックフライディにクリスマスギフトなどの準備をするとか。こっちの人たちもかなり本気である。


 私たちと言えば、妻がボスと午後からミーティングということだったので、彼女をPharmacologyでドロップしてから、ワタシもVAのラボにいっておとといやり残したことをかたづけることにする。忍び足でラボに行ったんだが、やはりボスも来ていて見つかってしまい何しに来たと言われた。今日はなにしろノドの痛みが取れなくて、即答で声が出ないのが辛かったな。まあやることを話したら、あっそ、といってボスは去って行った。その後にVAのコントロールサブスタンスの審査官がやってきて、試薬の使用状況を確認していた。今日も働いているのか聞いたら、今日は半日だけのシフトだとか。


 妻からミーティングが終わったという連絡が来たので、彼女をPharmacologyでピックアップして、そのままダウンタウンにあるトムクンヌードルに行くことにする。二人とも昼食がマダだったのだ。今日は前述のとおりにノドが痛かったので、ちょっと暖かい汁物を食べたかったのである。


 その後はダウンタウンを軽く散策後、スタバに入る。すると昨日もお会いしたご家族とそこで遭遇である。まあAnn Arborもそんなに大きな街ではないね。


 帰宅後、ちょっとぐったりであった。まだ風邪が抜けてないんだろうなぁ~。


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2013/11/29 18:43】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック