米国けんきゅうにっき 眼科にいってきた
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
blog_12262013_00.jpg 昨夜は友人の家にディナーに招待してもらったので、ちらし寿司を持って行くことにした。食材はエビとカニカマ、錦糸卵にさやエンドウとシイタケである。妻の天才的な錦糸卵のおかげで、食材をトッピングする前はなんだかビッグバードみたいなモフモフ感が出ていてドキドキしてきたのだが、エビとグリーンピース、ガリを配置したらちらし寿司になった。
 彼らにはグース(雁)をオーブンで焼いたものといろいろなサイドディシュ(マッシュトポテトやパースニップの煮物、さやエンドウ)でもてなしてくれた。ちなみにグースは七面鳥よりも遙かにファットが多かったそうだ。ちょっと意外である。味はワタシは七面鳥よりも好きかもと思った。意外と癖が少ない味だった様な気がする。
 帰り際に残ったちらし寿司のお裾分けをしようかと聞いたところ、奥さんの方が積極的にもらっていった。日本フリークの彼女はこのちらし寿司を気に入ったらしい。またクリスマスプレゼントということで、ブルワリでビール職人をしている旦那さんからはIPAを、奥さんからは香り枕をいただいた。私たちは何も用意してなかったので、次回にでも彼らが興味を持っている鰹節と削り節の贈呈を考えなければ...



 さて今日は正午に眼科の予約をしていたので行ってきた。ノースキャンパス近くにある眼科で、妻がKellog以外で我々の保険提携医ということで探してきてくれた処である。眼科に行くのはモンタナ以来なので3年ぶりだ。そういうわけで保険適用外の網膜撮影診断も行った。これはやはり3年前にもおこなっていたのだが、今回の医者の所見でも問題ないとのこと。さらに視力も今のメガネの矯正度から見積もってあまり変化していないとか。そういうわけで結論から言って特に問題は無いとのことであった。


 今回、眼科に行った理由はサングラスを作ろうと思ってのことである。ここ米国は日本と比較して日差しが強い気がする。実際、モンタナにいたときに掛かった眼科医も日中のサングラスの着用を勧めていた。また今まで使っているサングラスは基本的にクルマに入れっぱなしであり、ラボにバスで行くとき(特に夏の日差しが強いとき)にわざわざクルマからサングラスをピックアップするのはちょっとメンドーなので、今回新調することにしたわけ。ただそれ以上の言い分けとして、私たちにビジョンインシュアランスは1年に1ペアのメガネの作成をカバーしているので、このまま今年が終わってしまったらそのベネフィットをまるまる逃してしまうわけである。そういった理由で年末ギリギリになって重い腰を上げて眼科の予約をしたというのが本音である。
 

 診断中に意外だったのが、散瞳検査が無かったこと。以前に網膜撮影をしたときにはワタシの記憶が正しければなんだけれど、散瞳検査、つまり瞳孔を開く目薬をさされたのだ。そしてこの後はしばらく視力が回復しないので、運転などをしてはいけないので、それを懸念して妻に付き添ってもらったのである。しかし、散瞳検査の話を検査技師に尋ねたら、網膜撮影をするなら瞳孔を開く目薬をさす必要はないとか。まあ網膜撮影で目の奥の状態がよくわかるはずだから、この目薬は不要だというのはもっともなんだけど、以前には目薬をさされた記憶があるので、ちょっと混乱してしまったのである。(でも妻も最近、眼科検診を受けた際に、網膜撮影をしたそうだが、散瞳検査もやったとか。検査方法が一致してないのはナゼだろう?)



 さてここミシガン大学の保険でサングラスを作った感想である。モンタナ州立大と比較して適用範囲が小さいなというのが正直なところ。今回は、サングラスなので偏光レンズにしてもらったものの、これは保険適用外。それと網膜撮影も保険適用外。検査も保険適用額を超えていたので、こちらの負担はトータルで$150であった。モンタナにいたころはサングラスを作るのに自己負担は一切無かった記憶があり、さらにフレックスアカウントを作れたのでそこから自己負担なしにさらに2ペアのメガネを作ることができた。(プラス妻のメガネとサングラスも)しかし、ミシガン大ではフレックスアカウントを作ることができるほどの収入がないのである。まあこれは最初にここに来るときにオファレターをちゃんと読んでいなかった自分が悪いんだが、ここのオファ時の年俸総額がモンタナ時代よりも高かったを見誤ったのである。モンタナでは年俸+ベネフィット、こちらは年俸にベネフィット額が含まれるというような表現だったのだ。まあ改めて医者に掛かって自覚できたわけだがね。まあ自分の失敗の恥の上塗りになるけど、オファを受けるときはちゃんと現状と比較して、年俸だけじゃなくて保険の自己負担率や職場環境、ボスとの相性なんかも込みで総合的に損得を勘定しないとね。



FC2blog テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

【2013/12/26 20:06】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック