米国けんきゅうにっき さて2013年最後のエントリは...ブルワリで締めましょう
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blog_1231_2013_00.jpg こちらは大晦日。ということで、妻に髪を切ってもらった。そのあとはひげそりと部屋の掃除だ。外は雪がしんしんと降っているのだが、空には青空がちらほら見える。日本はすでに新年を迎えたみたいだが、こちらはあと10時間ちょい。そういうわけで簡単な今年の総括でも。基本的に職探しに終始していたわけだが、この秋にはある会社で最終面接までこぎ着けたのは良い経験だった。あとはここ2年くらいからそうなのだが、米国内の大学のポジションに申請書を出すと、少なくともいくつかの電話インタビューオファを受けられるようになった。これはカバーレターとかTeaching Philosophyなどの書類が選考委員の目に留まるレベルに達しつつあるということだろう。40過ぎてしまったが、少なくとも遅々と前に進んでいるとは思う。あと験担ぎなんだが、厄年が終わったことも(意識してはなかったが)プラス要因だな。そういうわけで、2014年こそはどこかでポジションを得られるように頑張りたい。



 さて2013年最後のエントリはブルワリ訪問で締めたいと思う。一昨日、訪れたミシガン州、ロウワーペニンシュラにあるMt. Pleasantという街にあるMountain Town Stationというブルワリを紹介しよう。

blog_1231_2013_01.jpgblog_1231_2013_02.jpg
こちらはTap RoomじゃなくてGrill&Pubちょっとオサレなレストランといっていい


 Mt. Pleasantは州間高速道路の通らない比較的こぢんまりした雰囲気の街だ。昔、申請書を出したCentral Michigan Universityの所在地でもある。街の印象としてはモンタナのBozemanに似ているかもしれないな。

blog_1231_2013_03.jpgblog_1231_2013_04.jpgblog_1231_2013_05.jpg
アピタイザにスコッチエッグを食べるやはり定番のIPAそしてフレイバーウィート


 Tap Roomはこのレストランから北へ2ブロックほど離れた場所にあるのだが、今回はGrill&Pubに行く。まあディナーも兼ねていたからね。まず定番のIPAはIron Horse IPAという。シトラスフレイバーにホップの効いたビールだ。それでもほかのIPAよりはマイルドな味わいと感じられる。Railyard Raspberry Wheatはラズベリージュースの味わいが後味に残るビール。こちらも飲み易い。

blog_1231_2013_06.jpgblog_1231_2013_07.jpgblog_1231_2013_08.jpg
店内に見える醸造器入り口の看板は暗くなるとライトアップ


 なんかとってもオサレなレストランというのがここで夕食を食べての印象。ウェイターも気が利いていたし、食事も良かった。店の雰囲気もアットホームだった。たぶんCMUのファカルティリトリートとかここで行われるのかもね。



 今年もあとわずか。2013年も大病にあわず、健康に過ごすことができた。そんな幸運、と妻の尽力に感謝である。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2013/12/31 13:14】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。