米国けんきゅうにっき ぐるーるみーてぃんぐ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 新年からブログを頑張っていたのだが、昨日にグループミーティングのスピーカーだったのでチョット放置していた。


 今週に入ってからアメリカの天候が大変なのはご存知の通り。今朝も未だに氷点下20度台を右往左往しておる。モンタナに居た頃はこの気温は比較的よく体験してきたのでいいんだが、問題は最寄のバス停までの道のりである。車道は除雪車が除雪しているんだが、路肩が雪山になっていて歩道にたどり着くのが一苦労。さらに歩道が除雪されておらず、ほんの1ブロック歩くのも至難のワザである。でわ歩道ではなく車道を歩けと思うかもしれないが、ただでさえド下手なドライバーがひしめくミシガン州。車道を歩くのは自殺行為である。


 モンタナでの経験上、この気温で外を歩ける限界は15分ほどなので、歩くのに時間がかかるのはちょっと危険なのだ。さらにバスが定時どおりに来ないとバス亭で凍える時間が増えるのでこれも危険である。これらはモンタナ時代では経験の無かった問題だ。まああっちではクルマで通勤してたし、除雪も比較的速やかに行われていたから、歩くのが命がけってこともなかったわ。


 さて、昨日の(不必要に頻繁にある)グループミーティングだ。発表者ということで、ナニかしゃべらなければいけないんだが実験結果のネタが前回から劇的に進んだとは言いがたかったので、論文紹介をすることにしていた。内容は分子動力学(MD)。むか~し、モンタナでタンパク質相互作用を調べるのにMDを使ったことがあったのでちょっとかじっていたから、自分内情報をアップデートしようと思ったのである。まあ自分のしゃべった内容はともかく、始まる前のくだらない業務連絡(みたいなもの)に30分ちかく費やされていた。せっかく、いつもより1時間早くミーティングをセットアップしたのにな。まあこれは夜になれば気温がまた下がるので、お日様が落ちる前に帰宅して命の危険に向かい合うのを避けるためだったんだが...まあ5時前に終わったので、そそくさと帰ってきた。


 今朝も昨日とかわらんくらい寒い。乗ったバスのヒーターも壊れていたらしく、途中で待っていたバスに乗り換えになった。まあ天気予報によればお昼から暖かくなるんだとか。今日から出勤するヒトたちも多かったらしく、道は渋滞である。これから週末にかけて暖かくなってほしいものである。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/01/08 11:01】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック