米国けんきゅうにっき モンタナへの道~Ann Arbor, MIからMantorville, MNへ
FC2ブログ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 先ほど部屋に無事戻ることができました。いろいろとまわったので、結果的には今回、4000マイル(約6400キロメートル)くらい走りました。Ann Arborには金曜の夜に出たので4日かかったことになります。この旅程の最後にイエローストーン国立公園に立ち寄ったのですが、ものすごい雷雨にあってしまいました。全天が稲妻で瞬間的に明るくなるのです。そう、イエローストーンの夜は本当に暗闇にもかかわらず。

 今日はこの旅のことについてアップします。Ann Arborには東部標準時間で6時半くらいに出たのかな?最後にAnn Arborのダウンタウンを彷徨いていたら、前任者のポスドクと出会ったのでしばらく研究について議論。その後に出発したためです。その後、Chicagoのオヘア空港に着いたのが10時過ぎ(中部標準時)。そこでPhillyから来た高校時代の同期を拾って西へ向かいましたが、さすがに心身共に限界で、結局イリノイとウィスコンシンの境にある街、Rockfordに泊まることになりました。ここではダウンタウンにブルワリがあることを下調べしてあったので、宿泊先を見つけ次第、すぐにそこに行こうという計画だったのですが、モーテルの空きをなかなか探すことができなかったため大きくタイムロス。結果、このCarlyle Breweryではビールにありつけることができませんでした。

Carlyle Brewery


 その翌日はウィスコンシンのMadisonで昼食を摂った後に、南ルートをとるためにI90とI95の分岐点でI90に入りLa Crosseに向かいました。この街を過ぎるとミシシッピー川を渡って、ミネソタ州に入ります。このI90はMinneapolisやSt. Paulを通らないため、ミネソタ州通過の間にメジャーな都市はありません。

...すいません、書いているそばで落ちました。

 その後、Rochesterという比較的大きい街を経由してMantorvilleという村に立ち寄りました。

Mantorville
Mantorville2005_0806(004).jpg
Mantorville2005_0806(003).jpg
Mantorville2005_0806(001).jpg
村の中心はこんな感じ馬車もあります開拓史時代からのホテルだそうです


 ここにはBreweryがあるということでしたので期待していたのですが、こんな小さい村、探しても探しても見つからない...最後に馬車の御者のおばさんにきいてみたところ、村はずれ(とは行っても歩いていける距離)の小屋を教えてくれました。

Mantorville Brewing
Mantorville_brewery2005_0806(002).jpg
Mantorville_brewery2005_0806(004).jpg
さてここがブルワリ?そこのビール(?)です


 右の写真に写った真ん中がブルワリの看板ですが、小屋の中は活動の様子が見て取れません。仕方がないので上記のホテルにあるレストランで詳細を尋ねたところ、前はやっていたけど今季は何らかの理由で醸造に失敗したとかでやっていないとのことでした。でも食事のついでにそのレストランに入るとナゼかMantorville aleがあるので飲めたのですよね。本当にそこで作っているのかどうかわかりませんが。

【2005/08/09 17:07】 | トラベル
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック