米国けんきゅうにっき イケアで差額の返金
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 以前、Cantonにあるイケア(ミシガン唯一のIKEAだそうだ)で$15で買ったブリーフケースが、先週訪れた際に$10になってた。ので、その差額分$5をアジャストしてもらうために再びイケアに立ち寄った。こんなクレームは日本ではありえないんだが、ここアメリカでは一般的である。


 カスタマーサポートに立ち寄りレシートを見せて、以前買った時はこの値段だったのが、つい先日に値札を見たらチョー安くなってる!と目をつり上げて言う(ウソです)。そうすると店員が値段を確認したあとに、ワタシのドラバーズライセンスとクレジットカードの提示を求めて、カードに払い戻しをするという寸法。


 ポイントは目をつり上げ高圧的にまくしたてるのではなく、まあビジネスライクに淡々とすることだ。どちらかといえば、向こうの方が淡々としているけどね。


 ちなみにこの日はまっちゃんでチャーハン大と餃子を平らげた後だったので、非常に眠かった。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/01/19 11:00】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック