米国けんきゅうにっき モンタナへの道~Badlands国立公園
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日はサマースクールの学生さんの最後の日で、ポスターセッションが催されておりました。私は今朝からラボに出てきたので、そのスケジュールを知りませんでしたので、なんだかちょっと寂しいです。特に日本人の二世の彼はなかなか良い奴でした。彼は将来的に医者になりたいそうです。以前のエントリーでもふれたと思いますが、米国に帰化しているとはいえ祖国から離れ頑張る姿は私も勇気づけられます。彼の希望が成就することを祈っております。もちろんほかの学生さんたちもとても頑張って実験していましたし、みなさん切磋琢磨してほしいですね。

 モンタナへの道の続きですが、前エントリーで紹介した1880村はI90のExit170です。この数字は州の西端からのマイル数に相当しており、山岳標準時間帯に入ってすぐだと思います。出口はMidlandという町に続く道に出ますので、興味のある方は目安にしてください。インターステートのすぐ脇ににありますので、見つからないことはないと思います。

 さてこの1880村を過ぎて、次に向かったのは表題にもありますようにBadlands国立公園です。I90をCactus Flatという処で降りて、州道240を走り公園に入ります。あんまり暑かったので、I90を出たすぐのガスステーションで久しぶりにソフトクリームを食べてしまいました。まあそんなことはどーでもいいのですが、そのままクルマを進めるとゲートがあり以下の写真の様な地形が広がっておりました。

Badlands国立公園入口付近
Badlands_K2005_0807(001).jpg
Badlands_K2005_0807(009).jpg
Badlands_K2005_0807(015).jpg
例によって公園入口のヤツ荒々しい光景です


 この公園、崖だらけなのに柵が無いのです。だから落ちたら痛そうどころか死にそうです。高所恐怖症の方はご注意を。

化石の道
Badlands_fossil2005_0807_153541.jpg
Badlands_fossil2005_0807_153549.jpg
Badlands_fossil2005_0807_153756.jpg
trailの様子trailの脇には化石の標本が散見されます


 ココで久しぶりに日本人を見かけます。小さな女の子2人の4人家族でした。そのときは特に気にとめなかったのですが、この家族、この先何度か会います。

Yellow Mounds
Badlands_yellow2005_0807_160129.jpg
Badlands_yellow2005_0807_160135.jpg
黄色い地層です


 このYellow Moundsはやはり太陽光に照らされると鮮やかですが、このときは雷雲が近づいており、雨がふったり降らなかったり。でも時折さしこむ光線でやはり綺麗でしたが、なかなかよいシャッターチャンスに恵まれませんでした。

Pinnacles
Badlands_pinnacles2005_0807_161205.jpg
Badlands_pinnacles2005_0807_161443.jpg
Badlands_pinnacles2005_0807_161953.jpg
Theodore Roosevelt国立公園のPainted Canyonに似てます


 こんな感じで、すこし駆け足でBadlands国立公園を見て回りました。この公園は南側にも広がっていますが、私たちはRapid Cityに向かわなければならないので、そのままBadlands LoopでI90に戻りました。ちなみにI90とLoopの西端が交差するところはWallという町で、Wall Drugというドラッグストアがあるそうです。地球の彷徨い方にも記載されてますが、たしかにそこら中にWall Drugの看板がありましたね。

FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2005/08/11 12:57】 | 国立公園めぐり
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。