米国けんきゅうにっき 1600ゲイツで買ったXBox版R-TYPE
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近、毎日のようにstopped-flowの装置と格闘している。1日に2種類のサンプルを調製しており、各サンプル毎で20ショットぐらい打てる計算だ。これを3週間ほどまえから毎日やっている。その合間にミュータントの作製と発現チェックなどをやったりしているので、帰りのバスに乗るのがいつもギリギリである。実験よりもバスに乗る時間に神経を尖らせているカンジである。



 さてそんな日々の合間に久しぶりに自宅のXBox360を起動してみたら、鬼のようなアップデートの数々が上がっていた。どうやらスマホと連動するSmartGlassっていうアプリ関連のようだ。要はスマホでXBox360をリモートコントロールしちゃうっていう代物なんだが、ゲームのコントローラとしては機能しないみたい(ボンバーマンで試したがダメだった...)。ではナニをリモートこんとろーるするのかというと、XBoxのホーム画面の操作。たとえばゲームを選択したり、ビデオとかストリーミング、セッティングやらパスワード入力。う~ん、Kinectのモーションコントロールでも代用できるしこれって必要なのか?というのが率直な感想なんだが。まあパスワードとかの入力は便利かもね。でもそれだけ。前述のようにゲームコントローラとして機能すればすばらしいのに。だってXBox360のコントローラって意外と高いのよね。


 ともかくとしてXBox360の電源を入れた理由は、以前購入したマイクロソフトポイント(通称、ゲイツポイント)にある。去年、突然、スマホ版のR-TYPEの操作しにくさに嫌気がさして、XBox版のR-TYPEがやりたくなったのである。XBox Live経由でダウンロード版が買えるらしいのだが、そのためには1600ゲイツ必要だとか。仕方がないのでAmazonで2000ゲイツを購入してから、XBox Liveにその2000ゲイツを登録した。まあそのあとめでたくR-TYPEをダウソしたわけであるが、400ゲイツほど残高があった。そして最近。マイクロソフトの言い分によると3月1日をもってしてゲイツポイントを廃止するとか。残高分は現地通貨に換金されるとアナウンスされていたんだが、それの確認のためXBoxを起動したわけである。ちなみにその残高、未だにクレジットとして反映されていない。どうやら新たなトランザクションを行わないとダメらしい。


 さてダウソしたXBox版R-TYPEである。XBox版のお得な点として、R-TYPEとR-TYPE IIがバンドルされていることである。さらにそれぞれに3Dモードが搭載されており、背景などのグラフィクスに質感が与えられていた。また2人同時プレイも可能となっており、オリジナルのR-TYPEとはゲーム性がちょっと異なるような気がする。残念ながらウチには1つしたコントローラがないので、2ケツ(2人同時プレイのこと)ができないんだが。


 ゲーム自体はかつて鍛えたPCエンジン版R-TYPEとほぼ同じである。だから3面までは今でも難なくいける。フォースの前後の付け替えも、昔の鍛錬をカラダが覚えているのか躊躇なく行える。一方、R-TYPE IIの方はむか~し、ゲーセンで数回しかプレイしてないので、初見では1面ボスを倒すのが精一杯であった。それに新装備の拡散波動砲も使いどころが難しい。


 はてさて2000ゲイツを費やして購入した価値があったかといえば、個人的にはあったと言える。だって高校の頃に夢中になってプレイしたゲームだぜよ。のすたるじぃを感じないわけがない!つーか、PCエンジンは初めて買った家庭用ゲーム機だったからね。板橋に居た頃の思い出の一つだ。その初代のPCエンジンだが、大学院の先輩に貸したまま捨てられてしまったらしい。だから自宅には大学の時のバイト代で買ったCD-ROM2一体型のPCエンジンDUOがあるだけだ。ちょっと悲しいお話である。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/03/07 15:03】 | ゲーム
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。