米国けんきゅうにっき 今日のれぽーとは速度論の解析でお茶濁す
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 さっきやっと週間レポート、書き終わった。これ書くのに最近はほぼ1日かかっている。これってホントーに効率的なのか!?そもそもこのレポートをボスが読むのだろうかというのもあるんだが...



 ここに来たときに最初に言われたのが、このマンデーレポートを毎週提出することであった。基本的には学術論文の書式にのっとって書けと。つまり目的から始まり、実験項、結果、議論に結論という流れで書くわけだ。機械的に1週間ごとの提出になるから、実験中の内容とかぶつ切りになることがしばしばある。



 そんなことをこれまでの2年半続けていたからすでに今日で122報目となった。今日のはappendixがついて全7ページ。オレだったら読まないな、そんなもの。それよりもグループミーティングで話し合いしたほうが効率がいい。それか1つきに一回のレポート提出とかね。



 まあ何もかもが理不尽なのがここのラボの習慣だからな。


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/03/24 17:18】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。