米国けんきゅうにっき でわ現地へいってまいります
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blog_0408_2014_00.jpg


 恒例の儀式、つーか験担ぎのカツ丼も食った。では現地面接、いってまいります!



FC2blog テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2014/04/08 02:44】 | 研究
トラックバック(0) |

脱出
BC
脱出が第一ですよね。そこですよね。
実体験として見て頂いているとおもいますが、教育系のところは研究系の下位互換ではなく、別物です。そこはそこなりの適応力が求められちゃうんですよね。
まあ、とにかく脱出で。また教育が合わなかったら、また脱出で。人生脱出ゲー。
つねにガンダム43話。ってことで。


cooyou
BCさま

激励のコメント、ありがとうございます。確かにチョークとーくはありませんでしたし、大学も教育主体だと思います。

まあなにはともあれ職を得ることと、この非生産的な場所からさっさとおさらばすることができれば、今は多くは望みません。

自分に教育が向いているかどうか...そのへんも、もしオファがもらえるなら、改めて考えて見ます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
脱出
脱出が第一ですよね。そこですよね。
実体験として見て頂いているとおもいますが、教育系のところは研究系の下位互換ではなく、別物です。そこはそこなりの適応力が求められちゃうんですよね。
まあ、とにかく脱出で。また教育が合わなかったら、また脱出で。人生脱出ゲー。
つねにガンダム43話。ってことで。
2014/04/11(Fri) 21:23 | URL  | BC #-[ 編集]
BCさま

激励のコメント、ありがとうございます。確かにチョークとーくはありませんでしたし、大学も教育主体だと思います。

まあなにはともあれ職を得ることと、この非生産的な場所からさっさとおさらばすることができれば、今は多くは望みません。

自分に教育が向いているかどうか...そのへんも、もしオファがもらえるなら、改めて考えて見ます。
2014/04/10(Thu) 17:07 | URL  | cooyou #GH1R4l52[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。