米国けんきゅうにっき 大腸菌が~
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 っーかさ、培養器とかの温度設定変えるなら事前に言ってくれよ。今、シェイカーの温度45度じゃねーか。(適正温度はこの場合37度)あれじゃ(今使っている)大腸菌が育たねーだろ。今、competent E. Coli (E. coliは大腸菌、competentは外来遺伝子を受け入れる能力があるとか言う意味、だと思う)を育てているのだが、変な設定条件になったおかげですでにプロトコール(protocol:見合った手順、バイオではよく使う用語、ITでも使うね)を踏襲できていない。そのあとのtransformationとかでぽしゃったらこの週末が全くの無駄になるじゃねーかっ!だいたいほかにもムカつくことがある。殺菌のためにオートクレーブかけようとしたら、来ていたサマースクールの学生も使いたいと。そこまではいいや。それで一緒にオートクレーブに入れて任せたんだ。彼女はご丁寧に蓋までして、モードスイッチも適切位置に入れてさ。で、終わったら冷蔵庫にいれてくれと。そこもまあもんだいじゃない。実際、遅くなりそうだったからさ。しかし小一時間ほどして、殺菌が終わったかなとオートクレーブの前にいくと...スイッチがはいってねーじゃねーかっ!なんなんだこの1時間は?!土曜に出てきて、この無駄はなんだ?すでにかなりその時点でヤル気が失せてきたんだが、それ以上に上に書いたような出来事だろ。もう夕方になった時点で今夜はtransformationはやめようと思っていたが、それ以前にcompetent cellがちゃんとしていないかもしれないじゃん!

 だいたい遊びでやってんじゃねーぞ、こっちは。ちゃんと給料もらっているし、それ以上にそんな無駄な事で人生の時間を費やしたくねー。

 ......待ち時間でイライラしてます、すいません。

FC2blog テーマ:愚痴。 - ジャンル:日記

【2005/08/14 09:27】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。