米国けんきゅうにっき 劇場版「BLOOD-C」をみてみた
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 こっちのHuluで観られるようになっていたので観てみた。元々は全12話のテレビアニメだったんだが、その結末は未完っぽかったので、それの続きを劇場版で作ったものである。


 TV版の方も観てみたんだが、基本的に内容は吸血鬼モノ。過去にBLOODというオリジナルアニメやBLOOD+というテレビアニメなどのシリーズがあったんだが、これらとはストーリー的につながりはないらしい。


 最初のBLOODは観たがBLOOD+は長すぎて観てない。基本的に日本刀をもった制服女子が化け物をぶった切るアクションを主体に置いているという点は同じだ。


 最初のBLOODを観ても思ったんだけどアクション好きなヒトはいいんだが、なんだか個人的には「それでナニ?」という不完全燃焼感を感じる。このBLOOD-CのTV版はそれなりにおもしろかったんだけどね。敵の古き者どもがクトゥルー神話に出てくるやつらを彷彿させるところがよかったんだけど。なんか劇場版を観たらちょっと微妙だった。まあ無料で視聴できたからいいんだけど、これをブルレイで買ってたらちょっと切なかったかも。


FC2blog テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

【2014/05/11 15:09】 | 映画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。