米国けんきゅうにっき IndianapolisからAnn Arborへの旅~その1
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blog_0524_2014_00.jpg 先日のエントリでAmtrakのチケットを予約したことに触れた。これは前回のブログで書いたように友人の住むBloomingtonからAnn Arborまで戻るために手配したものである。そーいうわけで2回のエントリに渡り、簡単な旅行記でも書いておく。ルートはまずはMega BusでIndianapolisからChicago、ChicagoからAmtrakでAnn Arborという旅程。ちなみにBloomingtonからIndianapolisまでは友人に送ってもらった。


blog_0524_2014_01.jpgblog_0524_2014_02.jpg
Indianapolisは州都なのでおそらく議事堂だろうMega Busのバス停は市バスと共用のようだ



 Mega Busのバス停は市バスのそれと共用。これが自前のバスステーションを米国各地にもつGreyhoundとことなる点である。ワタシの乗るバスはWashington通りのバス停に停まるということなので、その近くのカフェで友人と昼食。


blog_0524_2014_05.jpgblog_0524_2014_03.jpgblog_0524_2014_04.jpg
やってきたMega Busは2階建てバスので。ワタシはドライバに荷物を預け2階の席へルーフはほぼ全面がクリアになってた



 バス亭には10人ほどの乗客が待ってた。Chicagoに行くというわりには比較的少ないかな?まあワタシが乗り込んだあとさらにやってきたみたいだが。バスが到着すると威勢のいいドライバがChicago行きの乗客はこっちだと言う。で、ドラバに荷物を預けワタシは車内へ。バスの外に印刷されているポップにはWiFiや電源完備とあったが、ワタシの陣取った席には電源らしきソケットは見当たらなかったな。またWiFiも使わなかった。自分のスマホは従量無制限だから、その辺無頓着なのである。


 バスのシートは思ったよりもゆとりがあった。Greyhoundに比べて安い代わりに乗客輸送率を上げるとかで、席が狭いと聞いていたんだが、個人的にはそんな印象はナシ。トイレには行ってないんでわからないんだが、自分の乗ったバスは十分に清潔に感じられた。まあ屋根のガラス張りは賛否両論だろうな。ワタシは開放感があっていいんだが、ヒトにやっては日焼けが気になるかもね。


blog_0524_2014_12.jpgblog_0524_2014_13.jpgblog_0524_2014_06.jpg
Chicagoへは2時間強くらいか?旧シアーズタワーが見える(今の名前は失念)バスはUnion駅の1ブロック手前で停車。なんで同僚いわく、以前は駅前に停めてたんだそうだがクレーム多かったらしい



 バスに乗ったら後はナニもすることはないんだが、まあ自分は流れる風景をボーっと眺めるのが好きなのであまり長時間乗ってた印象がない。でもIndianapolisを2時半ごろに出てChicagoについたのが4時半くらい(EST換算でね)。まあ2時間ちょいって計算になるな。


 ところでこのバスでちょっとしたトラブルがあった。個人的にはまったくカンケーないんだが、走行中に乗客同士でけんかが始まった。2階席の後ろのほうなので、ワタシの席よりも離れているんだが、激しい口論が聞こえてきたわけだ。声からは男性と女性が口論しているもよう。ちょうどバスはChicago近くの料金所を通り過ぎた直後だったのだが、突然路肩に停めたのでナニが起こったのかとおもった。そーしたらそのケンカの仲裁のためにドライバが2階席に上がってきたわけである。ちょっと銃乱射でもあったらイヤだなぁと思ってたのでね。まあドライバの仲裁が抑止力になるかは不明だが。


 まああと気になった点。昔、ミシガンに来るときに車高の結構、高いトラックを運転してきたことがあるんだけど、道のクリアランスとか結構、気にして走ってた記憶がある。このバス、2階建てだからそのトラックよりもさらに高いわけだ。料金所のEZ-Passとかのセンサーに接触しないかと思ってたんだが、ホントーにギリギリをかすめる感じでした。まあこの高さのバスが通過できるんなら、引越トラックなんて問題ないわな。


 次回はAmtrakでAnn Arborへ向かいます。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/05/24 09:28】 | トラベル
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。