米国けんきゅうにっき タイヤを購入した(前輪だけ)
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日はここAnn Arborにある大学のスタジアムでマンチェスターユナイテッドとレアルマドリードの試合が行われていた。ギネス杯らしい。同僚やFBの知人たちは観戦に行っていたようでFBのWallは結構、そんな話題で持ちきりである。そのおかげか、ワタシの住むアパート周りとかボタニカルガーデンなどがある北キャンパスはひっそりしていた様な気がする。ワタシはといえば、Comcastが中継を放送していたので、それを何気なく見ていた。


 そんなこともあり、先週修理したクルマの試運転もかねて、ダウンタウンとは反対方向にクルマを走らせてみた。相変わらず低回転域のエンジン出力が不安定である。やはりキャットコンバータではないのか?とも思ったが、わからない。それと巡航時の直進性が悪かったので、ちょっと運転に気を遣う。まあ後輪のスペアタイヤと前輪のタイヤ圧が低いせいなんだろう。というわけで、前輪の2つのタイヤを新調することにした。

blog_0803_2014_01.jpgblog_0803_2014_02.jpgblog_0803_2014_03.jpg
スペアタイアはカーゴスペースへ戻してもらい新しいタイヤを駆動輪である前輪にスペアが装着されていた後輪には古いタイヤを装着してもらう



 近場のFirestoneに持って行ったのが夕方だったので、今日中には終わらないと言われたんだが、帰宅してしばらくすると作業が終了したとの連絡が...仕事が速かったのでちょっとびっくりである。まあサッカー観戦中だったのと、また出かける気力が無かったので、翌日取りに行くと伝える。


 そして今日になって、昨夜遅くまで考え事をしていたんで寝坊した。そしたらFirestoneからピックアップの催促の電話が来た。そんなわけでのそのそとバスに乗って取りに行ったわけだが、帰る途中、明らかにハンドリングや直進走行性が安定していた。まだノッキングはあるけどね。7月にバッテリーを交換したときと比べて明らかに良くなったといっていい。


 さて最後はやはり低速時のノッキングだなぁ。これは最後の望みであるキャタリティックコンバータの添加剤による洗浄に賭けてみようと思う。ただその添加剤、4ガロンのガソリンにたいして1ボトル分を混ぜろと書かれているんだが、最近、満タンにしてしまったのだよ。ちなみにこのクルマのガソリン容量は18ガロン(72リットル)なので、燃料計が1/4になるまで減らさなければならない...


 ところで明日、電話インタビューがある。再びなんだがデラウェア州の某大学だ。昨年の夏頃もデラウェアの企業から面接のオファがあった。そして上述のクルマもデラウェア時代から乗っているものであり、建造されたのもデラウェアのNewarkだとか。まあ何かと縁のあるところである。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/08/03 17:34】 | クルマ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。