米国けんきゅうにっき Best BuyでMoto360をみてきた
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 一部で祭状態になっているMotorolaのスマートウォッチ、Moto360だが、Google PlayでもBest Buyのオンラインサイトでも在庫切れの状態である。某匿名掲示板のデジモノ板内にたてられたMoto360でも、日本在住のヒトたちが右往左往しているのが見受けられる。まあ米国でも品薄状態が続いているんだが、そのスレッドを眺めていると、どうやら並行輸入業者を通じて日本在住の人たちは買っている模様だ。とくにExpansysは早い段階で在庫を確保していたのか、ちらほらと日本の顧客に商品が届けられているみたいだ。


 ところでこのMoto360だが現時点で日本販売はアナウンスされていない模様。さらに今後も販売の予定はないらしく、総務省の技適・認証申請すらしていないとか。理由は上述のスレッドで見かけたんだが、丸形液晶の特許をNECが抑えているらしく、特に日本国内では細かく特許の適用範囲が規定されているため、販売できないんだそうだ。というわけで、このMoto360をほしい日本在住の人たちは血眼になっているというわけだ。


 さて個人的にはこのMoto360に以前から興味があったので、ちょっと実機を見てみたいと思い近くのBestBuyに行ってみた。


blog_2014_09_22_01.jpgblog_2014_09_22_02.jpg
シルバーのヤツとブラックの機体



 どこかのフォトギャラリーでも見たように実機はちょっと大きめである。だから女性の腕には一際ごっつく見えるかもしれない。厚みはまあおもったより感じない。ただ腕に巻いてみたところ、ちょっと暖かいと思った。これは明らかにフツーの腕時計とは違う感覚だ。使用感とかは展示品ではわからないので、こればっかりは買ってみないとわからんが、どちらの色もそんなにチープな質感ではなかったような気がする。


 Apple Watchを見てないのでわからないが、Moto360はほかのスマートウォッチと比較して丸形の分、スタイリッシュに見えるね。というわけで、久々に物欲が出てきたデジタルガジェットであった。



【2014/09/22 17:39】 | ケータイ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック