米国けんきゅうにっき Moto360を買ってみた
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blog_2014_10_03_00.jpg カードのポイントが貯まっていたのでこれを利用して今話題のMotorola、Moto360をオーダーした。日本では未発売だが某掲示板の一部ではちょっと話題になっているようである。なんとか海外から並行輸入しようとしているのがわかる。ただこのスレッドがたち始めた頃(9月中旬)はまだこっち米国も未だ品薄状態で、近くのBestBuy店舗にも在庫はなさそうだった。さらにGoogle Playなんか在庫切れが続いていたし、Motorolaの直販サイトですら在庫ありが出るとその数時間後には在庫切れって状態が続いていたんだが、日本の熱心なアーリーアダプターたちは在米のワタシよりも速やかにExpansysなどを通して購入していたみたいだ。ワタシはといえばカードのリワードストアにMoto360が表れるまで待っていたんだが、つい先日、Best Buyがリワードストア側にも供給を始めたためオーダーした。ところでBest Buyの通販って転送住所のブラックリストを作っているんだね。日本からの購入希望者がBest Buyの在庫有りをみるやいなやオーダーしてたが、転送業者の住所ではねられたと某掲示板に書かれていた。まあ転送業者を利用してまでBest Buyで購入したい理由もわかる気がする。定価が$249でExpansysだと$350くらいになりさらに送料や為替レートなどで4万円半ばまで行くんじゃないかね?一方でワタシはリワードのディスカウントが適用されたのでドル建てで$190くらいに値引きされていた。


blog_2014_10_03_01.jpgblog_2014_10_03_02.jpgblog_2014_10_03_03.jpg
送られてきた化粧箱の中身ACアダプタとQi規格の無線充電クレイドル本体は黒をチョイス



 まあ新製品なのに値引きが適用されたからではないんだが、その代わりにえらく時間がかかってウチにやってきた。まあBest Buyの配送センターがカリフォルニアにあるらしく、そこからここまでは丸々1週間かかったかんじ。色は下見をしたときに黒と決めていたので黒を選択してたんだが、たどり着いた化粧箱から取り出して見ると質感がしっかり出ててやはり正解だった。化粧箱も初の丸型のスマートウォッチということで、丸型でオサレである。


blog_2014_10_03_04.jpgblog_2014_10_03_05.jpgblog_2014_10_03_06.jpg
これが同梱物保護フィルムがついてるけどMoto360のフェイス裏側にも保護フィルム、中国で作られているのがわかる



 最近、reddit(簡単にいえば米国版の某巨大匿名掲示板みたいな)のMoto360スレッドで見つけたんだが、Moto360の裏側のカヴァーにヒビが入りやすいそうだ。特にベルトとのヒンジの近くなのでバンドを交換したヒトは特に注意が必要みたいだが、フツーに使っていてもそうなったと訴えているヒトがいた。なんか特に腕が細いヒト(きつくベルトを締める傾向があるため)はクラックができるかもと分析しているヒトが日本の掲示板で分析してたな。まあこれはちょっとマイナスポイントなので、あとで対処を考える。


blog_2014_10_03_07.jpgblog_2014_10_03_08.jpgblog_2014_10_03_09.jpg
簡単セットアップみたいな説明書と保証についての規約Qi対応の専用クレイドル充電時には正面底近くの小さなLEDが点灯する



 さてまず充電しろということで充電を始めようとするんだが、どうも起動しないと充電が始まらない。そんで起動すると今度はセットアップとファームのダウンロード・アップデートを始めようとする。すでに手に入れた人の経験によれば、充電せずにセットアップすると途中で切れてしまい、再起動しなくてあせったというお話がチラホラでていたので、ちょっと困った。まあワタシはある程度設定してから(Android Wearのインスコとペアリング)、ダウンロードが始まった直後に電源を切って(竜頭を長押しして)再起動させクレイドルに乗せてむりやり充電開始させた。あとこれも既知の問題点なんだが、充電中にスクリーンが表示され続けるため画面焼き付けが起こるというもの。これはSlumberっていうAndroid Wearアプリ(充電中に画面を切るアプリ)を入れてとりあえずは対処する。充電が終わったらセットアップの続きということなんだが、この辺、まだ熟れていないカンジだな。


 ペアリングはカスタムロムをインストールしたDroid4。誰かがカスロムインスコ機だとうまくペアリングできないとか言ってたが、Android WearとMotorola Connectをインストールしたらあっさりとペアリングできた。だからカスタムロムでも問題なく使える模様。まあMotorola同士だしな。あと某掲示板で触れている人もいたが、充電中は熱くなる。ただQi充電器を使っているヒトならわかると思うが、無線充電は結構熱くなる。それを基準に言わせてもらえば、Moto360の充電時の熱はまあ大丈夫でしょ~ってかんじだ。ただ触れないほど熱くなるってことはないので、もしそうなら交換してもらうことをオススメする。まあそういうことでワタシの場合のオーダーからセットアップまでの流れをレビューしてみた。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/10/03 08:44】 | ケータイ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。