米国けんきゅうにっき 再生中のGoogle Musicが止まってしまう件
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 この間、化学科の講演を聴きに行くときに久しぶりにバスに乗った。そんで久しぶりに音楽でも聴こうと思い、Google MusicにアップロードしたプレイリストをDroid4にストリーミングして聴こうとしたんだが...なんだかディスプレイが消えるとGoogle Musicも落ちてしまい音楽が中断されるようになってしまった。


 こんな現象は自宅にあるNexus7では出ていないので、Droid4のルート化によるものであることがわかる。特にルート化してインストールしたXposedモジュールの中にありそうな雰囲気。スリープに入って走っている最中のアプリを停止させると思われるのはワタシのDroid4の中には3つある。GreenifyRecent App Cleaner、そしてこれはXposedモジュールじゃないけどLlamaっていうアプリだ。


 Greenifyは常に作業領域に居る必要のないアプリやプロセスを一時休眠(ハイバネーション)させることで、メモリ領域を開放させるモジュールなんだが、これはハイバネーションするプロセスを自分で指定しなければならない。当然、Google Musicは除外したんだがスリープとともに音楽が止まってしまう現象は残ったままだ。ではLlamaはどうかといえば、これも自分で起動するきっかけ(トリガー)を設定するので、Google MusicやBT関連を停止させるようなトリガーを設定していない異常は関係ない。


 そうなるとXposedモジュールのRecent App Cleanerということになるわけだ。このモジュールの便利なのはAndroidはマルチタスクということで、たとえばブラウザを開いたと思えばゲームも同時に開始させることができる。コレ自体は便利なんだけど、Googleサーチで検索するとブラウザが開くわけだが、そのあと別のタスクを始めてしまうとこのブラウザなんかが開きっぱなしになるわけだ。つまり作業メモリ領域が最近起動したアプリによって占有されたままになるんだが、これはホームボタンを長押しすると最近使ったアプリ一覧が表れるので、スワイプすることでそれらのアプリが占有しているメモリを開放できるようになる。この作業を自動化するモジュールがこのRecent App Cleanerであるんだが、これの動作トリガのデフォルトがスクリーンオフで、どうやら走っているGoogle Musicを強制的に停止させてしまうことがわかった。というわけで、このモジュールの設定にある除外リスト(有償版のみこの設定ができる、$1.36)にGoogle Musicを入れてやると、スクリーンオフになっても音楽が聴けるようになりましたとさ!


 まあちょっと考えればわかるんだけどね。もしルート化した端末でGoogle Musicで音楽を聴いている最中に突然、止まってしまったらRecent App CleanerというXposedモジュールをインストールしているか、そしてその設定を見直してみると良いだろう。



FC2blog テーマ:スマートフォン・アプリ - ジャンル:携帯電話・PHS

【2014/10/06 21:56】 | ケータイ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。