米国けんきゅうにっき Brightonという町にあるブルワリ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
blog_10_13_2014_00.jpg Ann Arborからちょうど真北にあるBrightonという町にあるブルワリに行ってきた。この辺はHowellにあるTanger Outletモールの通り道になるのだが、ここ3年ほどミシガンに住んでいて買い物帰りに気軽に立ち寄れるレストランがナゼか無いいわゆる空白地帯だったのである。そんな空白地帯を再び精査した結果、2件のテイスティングルームが最近、開店したことがわかった。そのうちの一つを今回は紹介しよう。


blog_10_13_2014_01.jpgblog_10_13_2014_02.jpgblog_10_13_2014_03.jpg
実は目立った看板がなく、入り口もあまり自己主張してないしかし屋内は改装されたばかりでとっても綺麗なうえ、落ち着いていて心地よい



 さてBrighton市だがwikiによれば1832年に設立された米国的には結構、歴史ある町である。だからダウンタウン(たぶんウェストメインストリート沿い)も歴史を感じさせる建物がちらほらある。またメインストリート沿いにはサウスオア川というちょっとした池っぽいせせらぎがあり、川沿いにミルポンドトレイルという市民憩いの場的なものがあり、訪れた時間帯も家族が散策していた。


 目的のブルワリ、Brewery Beckerはそんなウェストメインストリートのグランドリバーロードからみて反対側の端っこ、でも踏切やラウンドアバウトよりも手前の方にある。大きな看板が掲げられていないので、徒歩じゃないと見つけにくいだろう。


blog_10_13_2014_04.jpgblog_10_13_2014_05.jpgblog_10_13_2014_06.jpg
テイスティングルームなので食事はできないけど、持ち込みは可であるまずはFestbierをテイスティング後にHarvest IPAを堪能する



 自己主張しない入り口から屋内に入ると、綺麗な内装の店内を見ることができる。内部を見渡すと右手にはバースタイルのカウンター、左手には醸造タンクがありツアーができるようだ。中央にはこれまたバースタイルのテーブルとバーストゥールがあり、そこに座るとバーテンダーのおねいさんが注文を取りに来る。


 Festvierはラガーっぽい味わいの一方でIPAはあまり強いホッピーさがなくて飲みやすくてオススメだ。プリッツェルやポップコーンみたいなスナックは提供しているみたいなので、ちょっと軽く飲んで会話を楽しむヒトがたくさんいたが、そんな喧噪にあふれているわけでなくとても落ち着いた雰囲気のテイスティングルームだ。またパティオもあり外でビールを楽しむこともできるので、夏には大変すばらしい経験をできるだろう。


 ということで2014年になりオススメのブルワリがまたひとつ開店した。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/10/13 11:04】 | ブルワリ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック