米国けんきゅうにっき 最近のコンピュータの構成
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 先日、自宅にある2台の自作PCが立て続けにクラッシュした。そしてこのブログを改めて眺めてみると、ミシガンに来てからのPCの構成をアップデートしてないことに気づいたのである。そーいうわけでここでアップデートしておこう。


 ミシガンに来てから直ちに自宅のPCをアップグレードした。まず居間に置いてある娯楽用のPCはCPUに6コアをもつAMD Phenom II X6 1090T Black Edition、ビデオカードをRadeon HD 6850 1GB 256-Bit DDR5に変更してた。


居間PC
古い構成新しい構成
OSWindows XP Home (32bit)Windows 7 Professional (64bit)
CPUAMD Phenom II X2 555BEAMD Phenom II X6 1090T BE
クロック周波数 (GHz)3.2@3.74.0
メモリ (GB)DDR2-400 (6.0)
ビデオカードRadeon HD5670Radeon HD 6850
ビデオメモリ (GB)0.5 (128 bit)1.0 (256 bit)



 まとめてて気がついたんだが、メモリをアップグレードしてないな。まあマザーボード自体が2010年の初め頃に買ったヤツ(ASUS M4A785-M AMD 785G)を未だに使っているからね。すでに4年半も動いているんだから、十分に元は取れているんだろう。


 このPCは8月ごろのWindowsの定例アップデートでMSがポカやらかしちゃって、システムがグチャグチャになってしまったのだ。それでもこっちは復旧後も問題なく使えたのでよかった。


 問題はもう一方のほう。仕事用のPCだ。


仕事PC
古い構成新しい構成
OSWindows 7 Home (64bit)
CPUAMD Athlon64 X2 4200+AMD Phenom II X6 1045T
クロック周波数 (GHz)2.22.7
メモリ (GB)DDR-400 (4.0)DDR3-400 (8.0)
ビデオカードRadeon HD3870OCRadeon HD5670
ビデオメモリ (GB)1.0 (128 bit)0.5 (128 bit)



 こちらもミシガンにきてから、大改修している。そもそもマザーボードをBIOSTAR A880G+ AMD 880GっていうDDR3対応のヤツに交換している。またビデオカードを居間PCのお下がりということで、Radeon HD5670を差していたんだが、この間のWindowsのアップデートでビデオチップがやられたらしく、ビデオ出力できなくなった。ので、再びRadeon HD3870OCをカオスボックスから取り出してきて装着した。


 だが音がやたら大きいのである。しかもチップ温度がやたら高い。別に負荷のかかる仕事をしていないのにである。で、ビデオカードの放熱板を見るとだね...放熱板のファンからの風を受ける側が埃で詰まっているわけですよ。ちょっとテクスチャ的にも放送禁止てきなカンジ?急いでビデオカードから放熱板を取り出して水洗いした。


 さらにビデオカードだけじゃなくてマザーボードもやられたらしく、予備にもってたMSI 760GM-E51(FX) AMD 760Gをインストール。事実上、新しいPCになったのでWindowsのアクティベーションがオンラインで認証されず、電話するはめになった。


 まあそれ以来、仕事用PCは少しは静かになって安定したんだがね。それでも何か負荷がかかると雄叫びを上げるようにはなっている。そんな感じなので、そろそろビデオカードでも新調したいところである。ああ、そういえばこのWindowsアップデートで光学ドライブも道連れにされたことを思い出した。これもなんとかしないとな。居間PCのやつを仕事PCに移植して使っている状態なのだ。でもMacもそうなったが、光学ドライブってOSのインスコ以外で使う場面がほとんどないんだよね。


 また気が向いたらPCのアップグレードをしたいものである。



FC2blog テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

【2014/10/23 21:03】 | コンピュータ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。