米国けんきゅうにっき 例のLGのまるいやつ
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 Moto360に続いて、LG電子からもサークル型のスマートウォッチが発売される。


丸型スマートウォッチ「LG G Watch R」、11月発売決定">丸型スマートウォッチ「LG G Watch R」、11月発売決定

  LG Electronics Inc. (本社:韓国 www.lge.com 以下、LGエレクトロニクス)は、2014年10月24日、最新のAndroid™ を搭載したウェアラブル端末「LG G Watch R」を、11月初旬から各主要地域にて販売開始することを発表しました。11月初旬からイギリスをはじめ、フランス、イタリア、スペインなどのヨーロッパ各地の販売小売店から発売を開始し、その後北米、アジア、独立国家共同体(CIS)などの各市場へ発売地域を拡大します。なお、一部の主要市場においては、Google Play™ ストアでも購入が可能となります。

 長年使って頂けるよう設計されたこの「LG G Watch R」は、耐久性のあるフレームを採用し、410mAhのバッテリーを搭載しています。パワフルで効率の良い1.2GHz Qualcomm® Snapdragon™ 400プロセッサを搭載する「LG G Watch R」は、4GBのストレージで512MBのメモリを使用し、日常生活で使用するのに最適な性能を備えています。さらに、市販の22mm標準ストラップと付け替えることもでき、自分好みのデザインにカスタマイズすることができます。






 デザインは既存の腕時計のものを踏襲していて、個人的にはアリだとは思う。某掲示板の評価では3つの欠点が出ているけどね。まず有機LEDなので画面焼き付きが厳しいとのこと。Moto360もデフォルトでは充電中に画面が点灯し続けるので焼き付き問題があったが、このLG電子のヤツはもっとシリアスだとのこと。


 2つめはベゼル部分がかっこわるいとの意見。個人的にはダイバーズウォッチなんかに見られるベゼルだから違和感はないんだが。たぶん、スマートウォッチの性質上、文字盤を変えられるのが、このベゼルのおかげで限定されてしまうということだろう。


 3つめは充電方式が最初のLG G Watchと同様に接点式を採用しているらしいこと。これはちょっと前に問題になっていて、汗などで簡単に接触不良になってしまい充電できなくなるとか。この辺は改善されたのかという不安要素がある。Qi方式にしなかったのはなんでだろうね?スペックの高いCPU使ってるから充電時の廃熱が追いつかないのかしら。


 値段とか実機の動画(上のリンクの公式動画はCGだな)を見てないからわからんけど、チョイスが広がることは良いことだ。あくまで個人的になんだが、もっとサークル型のスマートウォッチが出てくるとこの市場は活性化されるのではないかね。





FC2blog テーマ:スマートウォッチ - ジャンル:携帯電話・PHS

【2014/10/24 09:58】 | ケータイ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック