米国けんきゅうにっき 三代目のクリスマスツリー
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blog_12_07_2014_00.jpg



 昨日は在外選挙投票の最終日だったのでDetroitの領事館まで行って投票してきた。ところで在外選挙票の裏側にはこれまで投票してきた選挙のスタンプが押されているのだが、これまでこの領事館ですでに2回、投票している。ミシガンに住んで3年ちょい経つがこんなに頻繁に選挙があったのかとちょっと驚いているんだが。


 さて今日のお題はタイトルにもあるようにクリスマスツリーのお話。我が家ではモンタナにいた頃はクリスマスツリーを生木のモミの木を買ってきて装飾していたのだが、今住んでいるアパートは生木の装飾は禁止されている。そーいうわけでミシガンに住んで3年ほど我慢したが、満を持して人工木のクリスマスツリーを買うことにした。


 ツリーも景気よく行こうということで、これまでの5フィートほどのヤツから7フィートのやつにアップグレード。すでに部屋の天井に届きそうである。まあ組み立てていくうちに、かたづけるのが心配になってきた...


blog_12_07_2014_01_rev2.jpgblog_12_07_2014_02.jpgblog_12_07_2014_03_rev2.jpg
照明はツリーについているLEDが250個にIKEAで買ってきた星形LEDで色が変化するやつを絡ませたお気に入りのオーナメント、ハンバーガーそれとビールジョッキ
blog_12_07_2014_04.jpgblog_12_07_2014_05.jpgblog_12_07_2014_06.jpg
妻がこの間、訪れたBronner'sで購入したガラスの青い鳥サンタクロースが引っかかってますツリークッキーみたいなやつ
blog_12_07_2014_07.jpgblog_12_07_2014_08_rev2.jpgblog_12_07_2014_09.jpg
モンタナ時代から引き継いだスノーマンのオーナメントクリスマスツリーの中のツリーハロウィンの忘れ物



 クリスマツリートッパー(よくツリーの頂上に星とかがあるやつ)なんだが、色が変化する星がいいかと思ったんだが、アマゾンで探したら意外と高かったので、代わりにサンタの帽子をかぶせておいた。それとツリーの下にはツリースカートっていうやつをスタンドに巻き付けるんだって。そしてここにプレゼントを置くんだそうだ。知らなかった...


 赤や緑の玉の50個入りのオーナメントセットもツリーと一緒に買ったんだが、50個って多そうで意外と少ない。よくちまたでみるツリーはもっとギッシリ付いているからね。前のツリーに付けていた金色の玉のほかに上の写真のオーナメントを取り付けてもまだまだ飾る場所に余裕がある。


 子供のころ、板橋に住んでいたときに小さなツリーが家にあったのを思い出す。あれはひざ上くらいの大きさのやつだったかな?子供心に十分に豪華に感じたものだが、今回のコレはちょっと圧倒されるね。飾りは多くないけど、部屋の大きさに対してずいぶん背丈があるんで、存在感が半端ない。なれないと夜中にちょっとビビる。


 まあほかにもいろいろと付けていったら個人的には満足度満点の豪華さになった。あとは毎年、ゆっくりとオーナメントを増やしていこう。



FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2014/12/07 20:34】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。