米国けんきゅうにっき
学位取得後、研究者として米国へ。このさきどのようなことが待ち受けているのでしょうか?
 昨日はここテネシーでも雪が積もった。といっても3センチくらい?まあミシガンだとこの季節は日常茶飯事なんだけど、この南部の街では大騒ぎである。学校はさっそく休校になるわ、道路は雪かきが間に合わないので大渋滞だわの大騒ぎ。ウチの会社も午後にはシャットダウンしてしまった。


 さて表題のお話。富士樹海探索の話ではない。ゲームのハナシである。昨年、実はPlayStation TVを買った。これは携帯型ゲーム機のPlayStation Vita(PSV)互換の据え置き型ゲーム機である。なんで買ったのかといえば、日本ファルコムのイースシリーズの最新シリーズ、イース8がPSV用に発売されたからである。


 簡単にイースとはなんなのかを説明すると、アクションロールプレイングゲーム(ARPG)である。敵をガリガリ倒して経験値がたまるとレヴェルアップ!ゲーム世界内でストーリーを綴るイヴェントやらお使いなどをして、最後にボスを倒す!!そんな感じのジャンルのゲームである。イース自体は日本ファルコムが1987年にNECのPC-88シリーズ向けに発売したものを祖とする。だから今年で実に30周年記念なのだ。


 最初のイースは2つに分かれており(イースI・II)、それぞれ地上での物語、天空(ラ○ュタのように浮いている旧イース王国)での物語である。主人公は伝説の赤毛の○馬、もとい赤毛の冒険家、アドルが遺した冒険書を元にゲームで追体験するというメタフィクションとなっており、最初に発売された当時にはすでに設定として、以下の6つの冒険書が紹介されていた。

1. 失われた古代王国 (イースI・II)
2. セルセタの樹海
3. フェルガナ冒険記
4. 砂の都ケフィン
5. 翼の民を求めて
6. アルタゴの五大竜



 前置きが長くなったが、今日のお題はその冒険書の一つ、セルセタの樹海をゲーム化した、「イース セルセタの樹海」である。このゲームの発売自体は2012年だが、当時はまだPSVを買ってまでプレイしようとは思っていなかった。ちなみにこのブログでは触れていないようだが(ココでちょっと触れていた)、2009年に発売された「Ys SEVEN」はこのためにPlayStation Portable (PSP)を買った。だって87年当時から名前だけ紹介されてた「アルタゴの五大竜」のゲーム化だったからね。当時は発表から22年を経てのゲームと話題になった様である。


 ではナゼ今になってPlayStation TVを買ったのかだが、それはこの30周年を記念して発売される「イース8 ラクリモーサ・オブ・ダーナ」のためと言っても過言ではない。日本ファルコムが渾身の開発力で作ったゲームということだっだ。それならこのセルセタの樹海とともにPSVプラットフォームで2つもイースをプレイできるということから、PlayStation TVを買うに至る。


 まずプレイの感想だが、感慨深いの一言。まあシステム自体はYs SEVENを踏襲しているので、3Dキャラの赤毛の悪魔、もといアドルがグリグリ動くのはすでに見慣れているんだが、携帯機のゲームなのに作り込みが据置型プラットフォームに遜色しないというのが驚いたね。まずマップが広大なのとシステムが非常に細かく作られている感じ。さらに操作性がYs SEVENのときからさらに洗練されている。


 セルセタの樹海自体は93年にファルコム以外のメーカーから発売されたもののリメイクなんだが、その頃にいろいろ問題があったようでストーリーが一貫していなかった。今回、本家が開発・発売したことで物語が整理されたとか。ワタシ自身は98年当時はこのイース4をプレイしてないので比較しようがないんだけどね。ただここに出てくる有翼人種と彼らの超古代文明みたいな話はストーリーのキーワードということで知っていたし、機会があればプレイしたいと思っていたんだよね。(ネタバレになるかもしれないが、イースI・IIの2人の女神はやはり有翼人種の末裔みたいなことが暗示されていた)


 さてセルセタの樹海の徘徊はトータルで30時間くらい?少年のココロを取り戻した様な気分であった。このあとにイース8という別のイースシリーズをプレイできるというのはちょっとした幸せな時間である。


FC2blog テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

【2017/01/07 19:00】 | ゲーム
トラックバック(0) |
 明日から会社だが、年末年始は旅行以外では日本で買ってきたイースの最新作をプレイしていた。ワタシくらいのオヤジ世代ならわかるかもしれないが、80年代にPCでヒットしたイースの続編である。詳しくはまた近いうちに触れるとして、今回のエントリーは2016年中に自転車のどこのパーツをいじったかをまとめようかと思う。まず下の写真が初期状態ね。

blog_2017_01_02_01.jpg


 2012年にモンタナから持ってきた自転車を盗まれたので、急きょ、Craigslistで適当な自転車を探して個人売買で手に入れたのが上のTREK820という超エントリーモデルである。購入後、出自を調べたところ85年式でTREKのシングルトラック用モデルとして販売されていたようである。


 ではナニを交換したのかといえば...フレームとフロントフォーク、ホイールにサドル以外全部交換した。


blog_2017_01_02_02.jpgblog_2017_01_02_09.jpgblog_2017_01_02_10.jpg
前ブレーキはPROMAXのP-1というVブレーキ後ブレーキはAvidのShorty Ultimateというカンティレバーブレーキ左ブレーキレバーはP-1に付属のVブレーキ対応品、前シフターはシマノのSL-M670
blog_2017_01_02_12.jpgblog_2017_01_02_13.jpgblog_2017_01_02_14.jpg
右ブレーキレバーはカンティレバーBなのでDia-CompeのMX2というやつ後シフターはやはりシマノの7速用SL-M310ブレーキ・シフトワイヤ類は劣化が著しかったので、全交換


 オリジナルのブレーキはシマノのカンティレバーがついていたが、錆で固着していたうえにスプリングがほぼ反発力を失っていた。さらに前ブレーキはブレーキ本体が破損していたので、直ち上述のVブレーキに交換。後ブレーキはサビを落として、グリスアップして使っていたが、夏前にAvidのShorty Ultimateに交換した。


blog_2017_01_02_07.jpgblog_2017_01_02_08.jpgblog_2017_01_02_15.jpg
フロントディレイラーはシマノのFD-M611リアディレイラーはやはりシマノのRD-M591カセットスプロケットはSRAMのPG730,、7速用である



 ワイヤー類を総とっかえしたついでにパワートレイン類(前後ディレイラー、カセットスプロケット、そして口述するチェーンリング)もすべて交換である。カセットスプロケットをシマノではなくあえてSRAMにした理由は特にない。なんか違うのを使ってみたかったから。


blog_2017_01_02_04.jpgblog_2017_01_02_06.jpg
チェーンリングはシマノのFC-M770、クランク長は175mm、歯数は44/32/22ペダルは色合いを合わせるためにeBayで購入、RockBrosというやつだが詳細は不明



 チェーンリングはシマノのFC-M770だがこれはもともと付いていたボトムブラケット(スクエアテーパー)とは非互換。当然、オリジナルのBBを取り外さなければならなかったのだが、固着してて非常に困難だった。最終的に成人男性3人の筋力と奇声をあげて取り外す。フレーム側にはスレッドが彫られているので、付属のホローテックIIのBBを装着できた。

blog_2017_01_02_03.jpgblog_2017_01_02_05.jpg
前ブレーキ制動力の底上げのため、ブレーキブースターも装着クイックリリースもオリジナルは固着していたので交換、赤を選んだのはほかのパーツとの兼ね合い



 ブレーキブースターという過去の遺物を装着した理由は、このバイクのフレームがクロモリというやはり骨董品だから。20年以上前の設計なので、フロントフォークも制動時にたわむと予想。なので、ブースターの装着は効果的かなと判断したんだが、このVブレーキ自体の制動力もちょっと疑問なので、効果は不明。たぶん調整をもっと詰めればよいんだろうけど。


blog_2017_01_02_16.jpg



 以上の部品の交換の結果が上の写真。これでアーケディア国立公園やグレートスモーキー国立公園を走り回ったわけだが、どうもリム自体も寿命が来ていたみたい。これがブレーキの効きが悪い遠因と思われる。ので、年末にさらなる改造を施した。


blog_2017_01_02_19.jpgblog_2017_01_02_18.jpgblog_2017_01_02_17.jpg
Vuelta ZeroLiteというMTB用の26インチホイール、タイヤは2.1インチ幅のやつでゼンリンはKendaのNevegal、後輪はTiogaのPsycho Genius、チューブは
MEETLOCKS Thorn Resistant
何でスプロケットと思うかもしれないが、ある事情でSRAMの8速用PG820を購入



 26インチのホイールはチョイスが意外と少ない。それにこのバイクにMAVICなんかの高いホイールを装着するのもちょっと違う気がする。のでVueltaの比較的安価なホイールセットを購入。これでもオリジナルのホイール(ARAYA製)よりもずいぶん軽い。ただバルブがPresta用なのでチューブを買い直す必要があった。さらにシングルトラック練習用を想定して太目のタイヤを新たに購入。見た目が非常に引き締まった感じになる。


blog_2017_01_02_20.jpgblog_2017_01_02_21.jpg
バッシュガードを装着。もはやドレスアップパーツかと思われるかもしれないが、MTBトレイルを走ると意外といろんなものが飛んでくるので、バッシュガードは合った方が良いという判断お尻が痛くなるのでサドルを交換、ついでにシートポストも固着してたので交換



 スプロケットを8速用にした理由だが、当初は夏に買った7速用のを流用しようと考えていた。ホイールのスペックも7速対応と書かれていたためである(ただしスペーサー要)。そしてスペーサーを装着したのだが、ナゼかフリーボディの高さと7速スプロケットの高さが合わず。たぶんスペーサーの高さが適切じゃないんだろうね。これで正しいスペーサーを探す旅に出るのと、スペーサーなしなら8速用カセットがはまるのとどっちがコストパフォーマンスが良いかを考えた結果、後者を選んだ。たださらに、チェーンも6・7速用を買ってたので、ディレイラー調整で躓いたわけだが...(近くのバイクショップに泣きながら走っていきましたョ)


blog_2017_01_02_22.jpg



という感じである。2016年の改修を駆け足で紹介。結果的にはフォークとヘッドセット、フレーム以外は総とっかえになった。まあいろいろとヤッチマッタ感はあるが、自己満足である。今年はさらなる改造があるか?乞うご期待!


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2017/01/02 21:29】 | 自転車
トラックバック(0) |
blog_2017_01_01_00.jpg



 新年あけましておめでとうございます。


 2014年の終わりに研究職から離れ、自動車業界で働き始めてからほぼ丸々2年が経ちました。その間に正社員への正式採用、そしてテネシー本社への転勤を経て、この業界にどっぷりと浸かりつつあります。また本社へ異動してから出張が多くなり、日本への弾丸出張も9月にありました(6年ぶりの一時帰国でしたが、時間の制限のため日本の友人・知人に声をかけらなくて申し訳ない)。今年の初めにはミシガンおよび再び日本への出張、もしかしたらメキシコへの出張もあるようです。


 とまあ、どうやら今の会社に必要とされているという実感を持てます。ただ本当に今更感もありますが、研究者としてのプライドも捨てたわけではありません。論文草稿を2報、前のボスたちに提出してレビュー中です。また同僚の書いているドラフトのF/Bやもう1報、今年中にドラフトを仕上げようと思っております。これらの活動が何かに結び付くかわかりませんが、何かしらの形で研究の世界にかかわっていきたいという気持ちは変わりません。


 今年は引っ越したばかりのテネシーで、いろいろな分野の人たちと交流を持ち、存在感を強めていきたいと思います。


 改めまして本年もよろしくお願い申し上げます。


blog_2017_01_01_01.jpg


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2017/01/01 18:08】 | ごあいさつ
トラックバック(0) |
 なんだかんだって今日は2016年の大晦日。あっという間に過ぎてしまった1年という感じ。とくにこっちの自動車業界はクリスマスくらいから2日まできっちり休みがあるので、ここ3年の年末年始は非常にのんびりだったというのが時の流れの速さに拍車をかけているだろうか?研究員時代はここまでゆったりと休んだ記憶がない。


 そんなこの休みの間にシングルトラックのトレイルを走りに行こうかと思ってたんだが、自転車の改修にてこずってしまい、4日ほどこれの改修に時間をかけてしまった。結局、天気が良かった昨日、近くのサイクルロードまで小1時間ほど走ってきたんだけど、ちょっと寒かったね。


 この休日はそのほかにNashvilleのOpry MallのそばにあるGaylordホテルの電飾を見に行ってきた。巨大なホテルで中庭がドームで覆われた構造になっており、内部に人工の小川がある。そこをボートで遊覧できるというのもとっても退廃的である。

blog_2016_12_31_00.jpg



 ほかには1泊旅行ということでAtlantaに行ってきた。クルマでここから3時間ほどという比較的お手軽な距離である。あんまり観光とかは考えておらず、ラーメンやら居酒屋やらの食い倒れの旅であった。


blog_2016_12_31_01.jpgblog_2016_12_31_02.jpgblog_2016_12_31_03.jpg
blog_2016_12_31_04.jpgblog_2016_12_31_05.jpgblog_2016_12_31_06.jpg


 Murfreesboroから一番最寄りのIKEAがあるのもAtlantaなので、ミシガン時代に買い損ねたツリー用電飾をここでゲットである。

blog_2016_12_31_07.jpg


 ところでAtlantaといえばオリンピックの開催地ということを思い起こす方たちがいると思うが、私は映画の「風と共に去りぬ」を思い出す。別にこの映画が好きなわけではないんだけどね、母が大好きだったので何度も見た記憶がある。子供心にまったく面白さを理解できなかったけど。その「風と共に去りぬ」の象徴ともいうべき「タラの地」だが、これはAtlantaがモデルなのだとどこかで聞いた覚えがある。Atlantaに向かう途中でぼんやりとそんなことを思い出していた。


 なにはともあれ、今日は大晦日。すでに日本は新年になっていると思いますが、良いお年を!


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/12/31 14:18】 | 生活
トラックバック(0) |
blog_2016_12_26_00.jpg また気を抜いていたらブログが1月も更新されていないとなった。最近は時間がたつのがホントーに早く感じてしまう。さて会社の24日からお休みとなり、クリスマスをすぎた月曜日である。昨日なんかは外の気温が20℃近くあったんじゃないかな?半袖でうろつけるような気候である。改めて南部に来たことを実感するが、フツーはそうじゃないらしい。24日はこちらでできた友人に御呼ばれして彼の自宅で鍋パーティであった。直前に今の会社のミシガンオフィスの同僚から電話が掛かってきたんだが、その話をしたら、もうトモダチができたのかと驚かれた。なめんなよ、ワタシのソーシャリティを......冗談はおいといて、彼はさみしかったのかね。NYのカノジョとは今年のクリスマスは会わないとか言ってたな。


 さてアーケディア国立公園に行った話でも。この国立公園は米国、東北端にあるメーン州の海岸沿いにある中規模の島半分である。NJの友人が以前から是非行きたいといっていたので、ここの近くのキャビンをレンタルして現地集合するということになった。昨年のシェナンドー国立公園に行ったのと同じパターンだね。現地集合ということなんだが、結論からいうとミシガンからはヒジョーに遠かった!まあむちゃくちゃがんばったわけでは無いんだけど、3日かかりました。ムリすれば2日でいけるとは思うんだけどね。途中、モンタナ時代の友人がやはりメーン州のPortlandというところで滞在しているということだったから、そこで再会するために一泊したというのがあったので3日かかったのだが。


blog_2016_12_26_01.jpgblog_2016_12_26_02.jpgblog_2016_12_26_03.jpg
借りたキャビンはものすごい奥地にBangorの近くで食べたロブスターのスープBar Harberのレストランのロブスターロール


 メーン州といえば、どこもかしこもロブスターをウリにしている。ちょっと考えただけでものすごい量のロブスターが消費されているんだろうなぁと思うんだ。んでメーンの海をふと眺めて、この海底には大量のロブスターが蠢いていると思うと、背筋がゾーっとするね。

blog_2016_12_26_04.jpgblog_2016_12_26_05.jpgblog_2016_12_26_06.jpg
サンダーホール、干潮でくぼみに海水がぶつかると雷みたいな音がでることからゴッサム山の山頂、園内にはもっと高い山もあるけどここからお手軽に島を一望できるバーアイランドへの道、これも干潮で陸路が現れたり沈んだり、天橋立的な?



 今回も2人のお子さんが居たので、あまり強烈なトレイルは歩かなかった。たとえばゴッサム山は標高163メートルしかないので、お手軽に上れる山だ。ただそこから続いているビーハイブトレイルには行かなかった。崖とかを通っていくみたいなので、ちょっと家族連れでは厳しいかな。

blog_2016_12_26_07.jpgblog_2016_12_26_08.jpgblog_2016_12_26_09.jpg
園内最高峰のキャデラック山頂、でも標高は470メートルバブルロックはちょっと圧巻だねちょっと離れたところにあるバスハーバーの灯台



 園内最高峰のキャデラック山へは車道があるので、誰でも立ち寄れる。ただし、これは園内ココだけに限った話ではないけど、駐車場のキャパがちょっと小さいので、うまくタイミングが合わないと駐車場待ちに悩まされる。一方で、オススメはバブルロック。これは登りのトレイルを30分ほど行けばたどり着けるし、ビジュアル的にもオオっとなるね。ここもトレイルヘッドの駐車場が小さい。


blog_2016_12_26_10.jpg



まあそーいうわけだから、園内を走っている無料のシャトルサービスを利用するのも手である。私たちは比較的大きい駐車場のあるところにクルマを止めて、そこからシャトルを利用してた。だいたい15分ごとにやって来るんでオススメ。


blog_2016_12_26_11.jpgblog_2016_12_26_12.jpgblog_2016_12_26_17.jpg
blog_2016_12_26_13.jpgblog_2016_12_26_18.jpgblog_2016_12_26_19.jpg
blog_2016_12_26_20.jpgblog_2016_12_26_15.jpgblog_2016_12_26_16.jpg
最終日はキャリッジトレイルを自転車で走り回った。ちょっとした砂利道なので、MTBでなくてもいける。ここはかつては馬車道で物流の要だったらしい。アーケディア国立公園の見どころの一つ


 デラウェア時代の友人がマサチューセツ在住でやはりこの夏にこの国立公園に休暇で来ていたとか。彼女はロードで園内をロングライドしてたらしいので、ちょっと聞いておいたんだ。そーいうわけで、ミシガンから自転車を持ってきたのである。

blog_2016_12_26_21.jpg


 キャリッジトレイルは基本砂利道。だけど、根っことか岩とか路面表面に出っ張ってないので、MTBじゃなくても走れる。ただ結構上り坂が多くて、途中でココロ折れました(^^;)


 ここでは友人家族は自転車がないので、集合場所を決めてそこで合流。お昼を一緒して、解散となったわけである。友人家族は1日予定より早くNJに出発、私たちは予定通り、もう一泊してから再び3日かけてミシガンへの帰路についたわけだ。その途中でZIPPOミュージアムに立ち寄ったのは、ココに書かれてある通りである。


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/12/26 11:58】 | 国立公園めぐり
トラックバック(0) |
blog_2016_11_19_00.jpg ところでこの間の会社の歓迎会で自己紹介の場があったんだが、その際に化学専攻の研究者だった話をしたら、いろんな部署のひとたちが興味を持ちだしたらしい。直接の上司から聞いたハナシね。まあ彼は管理業務から外したくないようだが。そんな雑談を昨日終業前にしていたら、同僚のPさんが突然、IPAの話をKさんとしているのを小耳に挟む。Pさんがマイクロブルワリに興味があるのを知らなかったので、MurfにMayday Breweryというマイクロブルワリがあるという話を伝えた。というわけで、本エントリはそのブルワリに行ったハナシでも。

 
blog_2016_11_19_01.jpgblog_2016_11_19_02.jpgblog_2016_11_19_03.jpg
まず入り口が微妙であるが...奥に進んでいくと、頑丈なトビラが開かれているホントーの入り口はさらに向こう
blog_2016_11_19_04.jpgblog_2016_11_19_05.jpgblog_2016_11_19_06.jpg
通路途中の窓には醸造所って感じの設備が見えるやっと入り口に到着



 ブルワリのあるところはどうやら倉庫を改造した多目的集会場が隣接している。最初に行った日は何かの集会が催されていたのを後目に、上記の写真のようにずんずんと倉庫奥に向かって進んでいった。あとでわかったんだけど、たぶん裏から入った方がブルワリがちゃんと営業しているのがわかるので、表から入るときの不安感はないだろう。


blog_2016_11_19_07.jpgblog_2016_11_19_08.jpgblog_2016_11_19_09.jpg
一度店内に入れば見慣れた光景が広がっている初回はJubilee Randy IPA二回目はInner Sanctum IPAを注文



 表の様相とはうって変わって店内は明るい雰囲気である。初回訪問時は夕方だったので、トリビア(クイズ大会)が開催されていた。2回目はサイクリングの後に行ったので、のどの渇きが最高潮!陽が高い時に飲むビールは最高に背徳感いっぱいでイイ!

 さてビールそのものだが、IPAはワタシ好みの苦さ(IBUでだいたい60から70くらい)で良い。後味もホップのシトラス風味が清涼感をそそります。特に汗かいたあとにいいね!

 すでに2回訪れているけど、ミシガンのYpsilantiにあるCorner Breweryみたいに気軽に訪れることができるブルワリになれば良いな。


FC2blog テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2016/11/19 14:11】 | ブルワリ
トラックバック(0) |